「名探偵コナン」新作が、3日で興収16億円超の異次元の大ヒット!

先週末(2018年4月14日〜4月15日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『名探偵コナン ゼロの執行人』

2位(NEW)『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』

3位(↓)『リメンバー・ミー』

4位(NEW)『パシフィック・リム:アップライジング』

5位(↓)『ボス・ベイビー』

6位(↓)『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

7位(↓)『映画ドラえもん のび太の宝島』

8位(↓)『グレイテスト・ショーマン』

9位(↓)『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』

10位(↓)『クソ野郎と美しき世界』

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会   

大人気シリーズ22作目となる『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員101万2000人、興収12億9600万円をあげ圧倒的な強さで首位に。4月13日(金)の初日から3日間の累計では、動員128万9000人、興収16億7000万円。

 2位には、土日2日間で動員31万5000人、興収3億6700万円をあげた『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』が初登場。

 2週連続1位をキープしていた『リメンバー・ミー』は、土日2日間で動員19万3000人、興収2億4800万円をあげ3位にランクイン。累計では動員317万人、興収39億円を突破している。

 『パシフィック・リム:アップライジング』は、土日2日間で動員17万7000人、興収2億7900万円をあげ4位スタートとなった。

 既存作品では7位の『映画ドラえもん のび太の宝島』が累計興収50億円、8位の『グレイテスト・ショーマン』(FOX)が45億円を突破した。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com