『プー』が初登場1位!『響 -HIBIKI-』は6位スタート!【映画ランキング】

先週末(2018年9月15日〜9月16日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『プーと大人になった僕』

2位(↓)『MEG ザ・モンスター』

3位(NEW)『ザ・プレデター』

4位(↓)『検察側の罪人』

5位(↓)『銀魂2 掟は破るためにこそある』

6位(NEW)『響 -HIBIKI-』

7位(↓)『アントマン&ワスプ』

8位(↓)『カメラを止めるな!』

9位(↓)『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

10位(→)『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

(C)2018 Disney Enterprises, Inc.  

今週の映画動員ランキングは、『プーと大人になった僕』が、土日2日間で動員24万5000人、興収3億3200万円をあげ初登場1位を飾った。初日から9月17日(祝・月)までの4日間累計では、動員44万1000人、興収5億7900万円をあげる好スタートとなった。

先週初登場1位でスタートを切った『MEG ザ・モンスター』は、土日2日間で動員12万人、興収1億8900万円をあげるも2位に後退。累計では動員58万5000人、興収8億9800万円を突破している。

 『ザ・プレデター』は、土日2日間で動員11万人、興収1億6100万円をあげ3位でスタートを切った。初日から4日間の累計では動員20万3000人、興収2億8600万円。

『響 -HIBIKI-』は、6位に初登場。実写版「君の膵臓をたべたい」のロングランヒットも記憶に新しい月川翔がメガホンをとっている。

ほか既存作品では、4位の『検察側の罪人』が累計興収23億円、5位の『銀魂2 掟は破るためにこそある』が31億円、7位の『アントマン&ワスプ』が10億円、8位の『カメラを止めるな!』が21億円を突破。

『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』は88.7億円を突破し、「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」に並ぶ歴代興収ランキング50位に食い込んでいる。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com