【今週の映画ランキング】『ヴェノム』が3日で興収5億超えの大ヒットスタート!

先週末(2018年11月3日〜11月4日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『ヴェノム』

2位(NEW)『スマホを落としただけなのに』

3位(↓)『映画HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』

4位(↓)『宇宙の法 黎明編』

5位(↓)『旅猫リポート』

6位(NEW)『ビブリア古書堂の事件手帖』

7位(↓)『億男』

8位(↓)『日日是好日』

9位(NEW)『走れ!T校バスケット部』

10位(NEW)『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章「回生篇」』

 ©&TM 2018 MARVEL

今週の映画動員ランキングは、『ヴェノム』が土日2日間で動員28万9000人、興収4億3900万円をあげ初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では動員39万7000人、興収5億9600万円をあげる好調なスタートを切った。

 志駕晃による同名デビュー小説を実写映画化した『スマホを落としただけなのに』は、土日2日間で動員16万9000人、興収2億3400万円をあげ2位のスタートとなった。

 3位は先週1位でスタートを切った『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』、4位には『宇宙の法 -黎明編-』、5位には先週2位でスタートを切った『旅猫リポート』がランクイン。

 ほか新作では、黒木華と野村周平の主演で実写映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』が6位に初登場。

朝ドラで人気となった志尊淳主演のスポーツ青春映画『走れ!T校バスケット部』は9位、「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作品「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編で、全7章の6章目『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第六章「回生篇」』は10位のスタートとなっている。

他のニュース記事も読む

関連記事

『ヴェノム』はアメコミ知識無しで楽しめる傑作!あなたもヴェノムが好きになる!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com