『翔んで埼玉』動員118万人突破!【今週の映画ランキング】

先週末(2019年3月9日〜10日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

2位(→)『翔んで埼玉』

3位(→)『グリーンブック』

4位(NEW)『運び屋』

5位(NEW)『スパイダーマン:スパイダーバース』

6位(↓)『僕の彼女は魔法使い』

7位(→)『ボヘミアン・ラプソディ』

8位(↓)『フォルトゥナの瞳』

9位(NEW)『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』

10位(NEW)『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」』

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

今週の映画動員ランキングは、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(東宝)が、土日2日間で動員52万人、興収6億1200万円をあげ2週連続の首位を獲得した。累計では早くも動員127万人、興収15億円に届く勢いで、4年連続のシリーズ最高記録更新に向け順調な滑り出しとなっている。

2位も土日2日間で動員19万9000人、興収2億7000万円をあげた『翔んで埼玉』(東映)がキープ。前週比こそ若干下回ったものの、先週に引き続きオープニングの週末を上回る勢いの衰えない興行となっており、来る春休み興行に期待がかかる。累計では動員118万人、興収15億円を突破した。

先週3位でスタートを切った『グリーンブック』(ギャガ)は、土日2日間で14万4000人、興収1億9000万円をあげ、その順位を守った。10日の日曜日には、多くの劇場で前週を上回る高稼働となっており、今後も腰の強い興行が見込めそうだ。

4位には、土日2日間で動員11万6000人、興収1億4600万円をあげた『運び屋』(ワーナー)が初登場

本年度アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した話題作『スパイダーマン:スパイダーバース』(ソニー)は、土日2日間で動員9万8000人、興収1億6000万円をあげ5位でスタートを切った。

他新作では、2018年7月より放映している特撮TVドラマの劇場版『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』(松竹メディア事業部)が9位で、人気アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇場版3部作の第3弾『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3「恩讐の彼方に__」』(東宝映像事業部)が10位でスタートしている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com