AV女優だった新聞記者―鈴木涼美「身体を売ったらサヨウナラ」映画化

新聞記者でありながら元AV女優だった過去を暴露された実体験をつづった鈴木涼美の「身体を売ったらサヨウナラ」が映画化されることが決定した。

鈴木涼美原作×内田英治監督『身体を売ったらサヨウナラ』

身体を売ったらサヨウナラ

鈴木リョウコ(柴田千紘)、29歳。有名大学から東大大学院修士課程を経て、某経済新聞社で記者を務めた、いわゆる超エリート。そんなハイスペックな彼女には、大学在学中にAVに出演したという過去があった。そんなに頑張らなくたって有名大学に入れる知能とコンプレックスなしで十分生きられる美貌を持って生まれ、日本を代表する新聞社に勤め、昼の世界の私は間違いなく幸せ。でもそれだけじゃ退屈で、友人のケイコ(内田慈)、ユカ(冨手麻妙)と、権力と金力を持つ彼氏・光ちゃん(原田篤)とホスト通いに明け暮れる日々を過ごしていた。それでも何故か満たされなくて、売れないミュージ シャンの彼氏・玲(久保田悠来)と爽やかな恋もする。女の身体は何度でも売れると呟きながら、心の拠り所を求めて、どこか手探りする自分がいる。昼と夜の世界で矛盾しまくりながら、それでも幸せになりたいと願う、一人の女の物語――

身体を売ったらサヨウナラ ポスター

映画『身体を売ったらサヨウナラ』は、一流大学を出て新聞記者として働いていた鈴木涼美が、かつてAV女優であったことを暴露されその過去を赤裸々に語った話題作を映画化する作品。「身も心も散々売ってきた」と語り、昼と夜の顔を使い分けながら今なお輝き続ける彼女の波乱万丈を描く。

身体を売ったらサヨウナラ サブ6

主演を務めるのは『恋の渦』の柴田千紘。赤裸々な過去を持つ主人公像を大胆かつ体当たりの演技で熱演する。また小西キスを初め、久保田悠来、内田慈、品川裕ら個性派キャスト陣が脇を固めるほか、希島あいりや川上奈々美といった現役のAV女優達も出演する。メガホンをとるのは『下衆の愛』の内田英治監督。主人公の壮絶な過去やAV業界の裏側をインタビュー映像なども交えリアルに表現する。

身体を売ったらサヨウナラ サブ7

この度解禁となった予告映像では、「女優は多かれ少なかれ消耗品です」「快楽って、それ自体が 人間のコミュニケーションの一つだと思う」など、独特の価値観が自由奔放な映像にのせて語られる。

映画『身体を売ったらサヨウナラ』は2017年7月1日(土)より、新宿 K’s cinemaにて2週間限定ロードショー。

画像ギャラリー

(C)2017 東映ビデオ/エクセレントフィルムズ

関連記事

中学時代にAVを借りようとしたら「この映画見とけ」と店長に言われた話
SEXする度に地獄へ一歩ずつ近づいていく映画
娼婦からAV女優、そしてポルノスターへと駆け上がった半生『ラブレース』
真剣”濡れ場”トークに大興奮!南川聡史『濡れっ話!?2』
AV界の鬼才が80年代および現代日本の闇まで予見した名作『ゴンドラ』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事