『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』 監獄レストラン ザ・ロックアップとコラボ決定!

©2017 LF2 PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED

『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』が2018年5月12日(土)より公開。それを記念して、監獄レストラン「ザ・ロックアップ」とのコラボレーションが決定した。

ソーヤー家といえば、1974年公開の映画「悪魔のいけにえ」に登場して以来、世界を恐怖の渦に巻き込んだホラー界でも抜群の知名度があるサイコな家族。地下で、末息子のレザーフェイスがさばいた肉や内臓が供されることもある一家の食卓は、まさに新鮮な血肉で溢れている。

映画を観た後に、恐怖の食卓に足を運ぶのも良し、震撼メニューを満喫してから、映画を観るのも良しと楽しみが広がる。

<ソーヤー家メニュー応募方法>

募集期間:4月2日~7日(予定)

応募方法:「レザーフェイス-悪魔のいけにえ」公式ツイッターにフォローし、「#レザーフェイス #ソーヤー家カフェ」のハッシュタグをつけて応募

採用された方は、「ザ・ロックアップ」にご招待。

メニューの提供期間他、実施期間については、決定次第、映画公式ホームページ他にてご案内。

ストーリー概要

なぜ、少年は怪物になったのか? 人が覚醒・変貌する瞬間を目撃する―

伝説の殺人鬼《レザーフェイス》の少年時代が描かれている本作は、陰惨な事件を起こし精神病院に入れられた少年が、後に3人の入院患者とともに、看護師を誘拐し脱走劇を繰り広げる中、狂気の警官に追われ、殺戮が始まる衝撃的なストーリー。

メガホンを撮るのは、『リヴィッド』『屋敷女』のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロのフランス人コンビ。出演は、 『インモータルズ-神々の戦い-』『ブレイド』のスティーヴン・ドーフ、『死霊館』のリリ・テイラー、『ゲーム・オブ・スローンズ』のフィン・ジョーンズほか。

本作は昨年亡くなったトビー・フーパー最後のプロデュース作品であり、『悪魔のいけにえ』の正当な前日譚である。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com