水谷豊が監督×脚本×出演!完全オリジナル作品が2019年公開!

2017年、30年来の夢であった“タップ”を題材にした映画『TAP-THE LAST SHOW-』で監督デビューをした水谷豊の新プロジェクトが明らかとなった。

前作同様に完全オリジナルのこのプロジェクトは、映画のアイデアを形にしていく脚本執筆の作業も自身が担当し、監督・脚本・出演という三役をこなすことに。

監督第一作の取材の際に、「監督を続けていく覚悟ができたので初監督を受けることにした」と語っていた水谷豊。二作目である本作では「嫉妬」という感情を掘り下げて“人間の奥底にあるもの”を浮き彫りにする。

映画・ドラマと、エンターテインメントの最前線に50年以上立ち続けている水谷豊が、本作で、観客を新たな世界につれていくことになる。

2018年4月下旬より神戸でクランクインスタート予定。公開は2019年予定されている。

タイトル、主演をはじめとするキャスト陣、内容などは今後明らかとなる。

水谷豊監督コメント

「人間ってなんだろう?」
若いころから人間というものに興味がありました。時に人間は常識では考えられない行動をとる事があります。人間が様々な状況に置かれたとき、「何故このような行動をとるのだろう?」そこにも尽きない興味があります。

監督2作目となる今回は、「嫉妬」という感情を掘り下げて、普段、他人には見せる事のない“人間の心の奥底にあるもの”を映画として描いてみたいと思いました。

今回は監督・脚本を担当する事となりました。タイトルや内容はまだお伝えできませんが、完成を楽しみにして頂きたいと思います。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com