ホラー漫画界の巨匠 楳図かずお先生がニコ超会議でグワシッ!「幽霊もUFOも見た事ない」と恐怖体験“ゼロ”カミングアウト♪

シネマズです!27日開催されたニコニコ超会議「松竹×松竹芸能」ブースに、映画『マザー』で“初”監督に挑戦するホラー漫画界の巨匠 楳図かずお先生が降臨!映画のマル秘話から、ホラー漫画界の巨匠ご自身の“最恐”伝説など、様々なお話が飛び出しました~。

26日・27日はニコニコ超会議 松竹×松竹芸能ブースにご来場、松竹チャンネルでのご視聴、またたくさんの応援の声を頂きありがとうございました♪

楳図かずお、初監督作は「きれいで怖いを目指した」 ボーダー柄のこだわりも語る:映画.com

映画『マザー』本作は楳図先生の自伝的ストーリーで、亡き母の怨念が底知れぬ恐怖を周囲に巻き起こしていくホラー映画。
楳図先生ご自身が「一番大事な存在」と語る母親との関係性を「特に男の人は一生懸命働いている分、母親との関係が希薄になっている、そういう運命みたいなものを共感してほしい」と語り「母親の立場からは“悲しい”話。怖いというのは、悲しいとセットになっていると思う。“汚い”怖さにはしたくなかったので“きれいで怖い”を目指しました」と、その世界観をアピールされました~。

様々な作品で恐ろしい物語を紡ぎだしてきた楳図先生。意外にもご自身は恐怖体験が皆無で「幽霊もいないし、UFOも降りてきてくれない。幽霊の皆さん、お電話でも一報ください!」とカミングアウト!
楳図先生のトレードマークである赤白のボーダーシャツは、なんと!子供の頃読んだ“海賊”マンガに影響を受けて「無人島の宝物を見つけて漫画家になろう!」と考えた事をキッカケに、海賊風なボーダー柄を着るようになったんだそうです♪

映画『マザー』
歌舞伎俳優 片岡愛之助さんが楳図かずお先生 役を主演して話題の映画『マザー』は9月27日全国公開!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事