『王宮の夜鬼』9/20公開・予告映像&ポスタービジュアル|ヒョンビン×チャン・ドンゴン2大スター競演

【公開情報・予告映像・ポスタービジュアル】
『王宮の夜鬼』
9月20日(金) シネマート新宿 ほか全国ロードショー

ヒョンビン×チャン・ドンゴン共演の映画『猖獗(しょうけつ)』(原題)が邦題『王宮の夜鬼』として、2019年9月20日(金)に公開が決定し、予告映像とポスタービジュアルが到着した。

主演を務めるのは、『コンフィデンシャル 共助』では韓国との初の共助捜査に挑む北朝鮮の刑事、『スウィンダラーズ』では詐欺師のみを騙す詐欺師、そしてこの夏日本での公開を控える 『ザ・ネゴシエーション』では凶悪な人質犯として初の悪役にも挑戦。作品ごとに見事な変身ぶりを披露し、観客を引きつけてヒット作を生み出し続けるヒョンビン。そして5度の青龍映画賞を受賞し、 近年も『V.I.P. 修羅の獣たち』や『泣く男』などハードなアクション映画に立て続けに出演している韓国を代表する名優チャン・ドンゴンの豪華2大スターの競演となる。

また、今回到着した予告映像の中でも披露している、大剣を自由に操りながら感染者“夜鬼(やき)”の群れを圧倒するヒョンビン演じる王子の強烈なアクション、そしてチャン・ドンゴン演じる武官の絶対悪としての鋭い眼光はもちろん、『1987、ある闘いの真実』のチョ・ウジンや『アシュラ』の チョン・マンシクなど、脇を固める韓国映画界の名バイプレイヤーたちの熱演の数々も見逃せない。

謎の疫病が蔓延して生じた感染爆発により、 町中を埋め尽くす“夜鬼”の存在感が際立つ本作は、世界中でシンドロームを巻き起こした『新感染 ファイナル・エクスプレス』の高速鉄道の車内から、舞台を朝鮮時代に移し描かれる、究極のパニック・アクション超大作だ。

ストーリー

咬まれると白目になり牙が生え、人の生き血を求める‟夜鬼“へと豹変する謎の疫病が蔓延する朝鮮時代。存亡の危機に陥った朝鮮に帰還した王子イ・チョン(ヒョ ンビン)は、至る所にはびこる夜鬼の群れと戦う朝鮮随一の武官パク従事官らと出会い、成り行きで彼らと行動を共にすることになる。一方、国を掌握しようと企む国王の側近である絶対悪キム・ジャジュン(チャン・ドンゴン)は、国家転覆を謀り、夜鬼を利用して最終手段に打って出るが…。

公開情報

『王宮の夜鬼』
【キャスト】
ヒョンビン『スウィンダラーズ』、チャン・ドンゴン『V.I.P. 修羅の獣たち』、チョ・ウジン『1987、ある闘いの真実』『天命の城』 チョン・マンシク『アシュラ』、イ・ソンビン「元カレは天才詐欺師♡ ~38師機動隊~」『グッバイ・シングル』、キム・ウィソン『新感染ファイナル・エクスプレス』
【スタッフ】 監督:キム・ソンフン『コンフィデンシャル/共助』/脚本:ファン・ジョユン『コンフィデンシャル/共助』『殺人者の記憶法』『オールド・ボーイ』 製作総指揮:キム・ウテク『新感染 ファイナル・エクスプレス』/撮影:イ・ソンジェ『コンフィデンシャル/共助』『哀しき獣』『チェイサー』 音楽:パク・イニョン『あの日、兄貴が灯した光』/編集:キム・サンボム『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』『お嬢さん』
2018年/韓国/121分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:小寺由香/原題:창궐/英題:RAMPANT/配給:クロックワークス © 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & LEEYANG FILM & REAR WINDOW. All Rights Reserved.
公式サイト: http://klockworx-asia.com/rampant/

他の記事も読む

関連記事

『ザ・ネゴシエーション』8月30日公開・邦題決定|ヒョンビンが悪役に初挑戦
『コンフィデンシャル/共助』他、南北朝鮮を扱った作品たち
最新韓国型ノワール映画『V.I.P. 修羅の獣たち』パク・フンジョン監督インタビュー

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com