C・ロイド、猟奇殺人鬼を怪演『アイム・ノット・シリアルキラー』予告解禁

ソシオパスとシリアルキラーの対決を描くダークサイコスリラー『アイム・ノット・シリアルキラー』(原題:I Am Not A Serial Killer)の日本公開が決定、あわせて予告映像が解禁となった。

映画『アイム・ノット・シリアルキラー』予告映像解禁

アイム・ノット・シリアルキラー

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める――

アイム・ノット・シリアルキラー サブ1

映画『アイム・ノット・シリアルキラー』は、遺体安置所を舞台に、社会病質者・ソシオパスと猟奇殺人鬼・シリアルキラーという狂気と狂気の対決を描くダークサイコスリラー作品。本作は、全篇16mmフィルムで撮影され、デヴィッド・リンチからコーエン兄弟、スティーヴン・キングに至るまで、往年のアメリカ映画を思わせるダークなサイコスリ ラーに仕上がっている。

“サイコパス”が先天性であるのに対し、後天性だと考えられている“ソシオパス”である少年・ジョンを演じるのは『かいじゅうたちのいるところ』のマックス・レコーズ。対峙するシリアルキラー・クローリー老人を「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイドが務める。メガホンを取るのは『エイリアン パンデミック』のビリー・オブライエン監督。

アイム・ノット・シリアルキラー サブ2

このたび、本作の日本公開が決定。あわせて解禁となった予告映像では、クリストファー・ロイドが、昔話から抜け出したような肉体と風貌で、初の連続殺人鬼を怪演する姿を確認することができる。

映画『アイム・ノット・シリアルキラー』は、2017年6月10日(土) 新宿シネマカリテ他、全国順次ロードショー。

画像ギャラリー

(C)2016 FLOODLAND PICTURES AND THE TEA SHOP & FILM COMPANY

関連記事

美女の死体…生々しい解剖シーン『ジェーン・ドウの解剖』予告映像、解禁
人体実験描くSMホラー『ラプチャー 破裂』予告映像
ジョニデ娘、リリー=ローズ初主演!ホラー・コメディ『コンビニ・ウォーズ』公開決定
麻薬捜査官の手記に基づいたサスペンス映画『潜入者』
どれが一番!?実話ベースの最恐ホラー映画7選!!

    ピックアップ

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com