超特急・松尾太陽、弓道姿に!池田エライザ&中尾暢樹W主演『一礼して、キス』

池田エライザと中尾暢樹がW主演を務める映画『一礼して、キス』に、超特急の7号車・タカシこと松尾太陽が出演することが明らかとなった。

新キャストに超特急・松尾太陽!映画『一礼して、キス』

一礼して、キス 映画 池田エライザ 中尾暢樹 弓道

映画『一礼して、キス』は、弓道をする姿に恋をした男の子が、ひたすらに一途な彼女への片想いを描く直線的胸キュンラブストーリー。“色気の魔術師”の異名を持つ、加賀やっこの人気同名漫画を実写映画化する作品だ。

主人公の岸本杏役を演じるのは、「CanCam」専属モデルの池田エライザ。そして、岸本杏の弓道をする姿に恋をした後輩の三神曜太役を「動物戦隊ジュウオウジャー」の中尾暢樹が演じる。池田エライザと中尾暢樹は、本作で初の映画主演をW主演でつとめる。メガホンをとるのは『ReLIFE リライフ』の古澤健監督。

このたび、本作の追加キャストとして、人気音楽グループ・超特急のタカシこと松尾太陽が出演することが明らかとなった。

一礼して、キス 超特急 タカシ 松尾太陽

松尾太陽が演じるのは、中尾暢樹演じる三神が弓道を始めるきっかけとなった親友であり、池田エライザ演じる杏の勘違いを機に杏とも友達になる由木直潔役。松尾太陽は『一週間フレンズ。』に続いて2作目の映画単独出演となる。

松尾太陽は、闘病中の高校生という役どころに挑戦することについて「由木は、自分自身が重病を抱えているのに、何事にも相手の事を優先して考えてくれる。でも、その中に自分の意見もしっかりある尊敬できるキャラクターだと感じました。そんな純粋で真っ直ぐな彼を思って役を生きさせて頂きました。」と語る。

さらに「撮影はあっという間でしたが、『して、キス』の現場は素敵なキャストの皆さんと監督・スタッフの皆さんで、とても環境にも恵まれているなと感じました!この作品に参加できて本当に良かったと思っています。『一礼して、キス』公開まで楽しみにしていて下さい!」とコメントを寄せた。

映画『一礼して、キス』は、2017年秋、全国ロードショー。

(C)2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会

関連記事

池田エライザ、弓道着姿!中尾暢樹と「して、キス」
映画『一週間フレンズ。』新キャストに超特急の松尾太陽―ソロは初
キラキラ系ムービーと侮るなかれ!『ReLIFE リライフ』
「フランケンシュタインの恋」、綾野剛(120歳)がキュートすぎる10の理由!
予告解禁!映画『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』SNSで出会い国際結婚した恋愛実話

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事