『翔んで埼玉』を埼玉の星・ご当地キャラのカパルが鑑賞「公開、全裸待機っ( ́ Θ ` )ノ」

二階堂ふみ・GACKTW主演で2019年2月22日(金)に公開の映画『翔んで埼玉』(原作・魔夜峰央)を埼玉県のご当地キャラ・カパルが鑑賞したというニュースが到着。

事の発端は数か月前にさかのぼり、1月28日(月)に行われた本作のジャパンプレミアに、カパルから映画公式SNSを通じての応募が届いた。カパルと言えば、「ゆるキャラ(R)グランプリ 2018 ご当地ゆるキャラランキング」で並み居る強豪を抑え、507キャラクター中1位に輝いた、埼玉の星と言ってもよい存在。埼玉界隈ではもはや著名人といっても過言では無いはずのカパルからの応募だったが、厳正なる抽選の結果、残念ながらカパルがジャパンプレミアに招待されることはなかった。

しかし、ハズレたにもかかわらず、本作に興味を示してくれるカパルの郷土愛・埼玉愛に映画サイドも心を打たれ、この度、カパル専用の試写が開催された。東京で行われた試写会当日、カパルは本作の劇中で埼玉県人が、東京都に入るために必要とされている通行手形を2つも持参して登場!

白昼堂々、突如現れたカパルに警備員も困惑気味ではあったものの、恭しく掲げられた2つの通行手形に最終的には入場を許可され、無事試写を見ることに成功した。そしてなんと、この日たまたま取材で試写室に訪れていた、原作の魔夜峰央と本作のメガホンをとった武内英樹監督とも対面することに。

鑑賞直後の熱い想いを魔夜、武内両氏に伝えると共に、カパルの親愛の証でもある「振る舞いキュウリ」を行う一幕も。二人とも、すっかりカパルにメロメロになった後、本 作の原作コミックにサインを入れ、カパルに感謝をこめてプレゼントするなど、和やかにカパル特別試写は行われた。

カパル((公財)志木市文化スポーツ振興公社)コメント

『翔んで埼玉』を観ながら、目から熱いヌメヌメ(涙)が溢れ出てたお。あぁ…カパルには紛れもない生まれ持った埼玉DNAが刻まれているんだと。「変態は誉め言葉」公式キャラなのにプロフにこんなコトバを掲げるカパルのルーツがこの映画にもあったお。もう一度観たい。公開、全裸待機っ( ́ Θ ` )ノ

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

関連記事

映画化で原作の続編は完全に封じられた!?『翔んで埼玉』原作者・魔夜峰央先生インタビュー
『翔んで埼玉』コラボ“そこらへんの草味”ポップコーン&ポテトが発売決定
『あの日のオルガン』×『翔んで埼玉』2月22日(金)は埼玉ガチンコ対決!?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com