世界に向けて発信!『GANTZ:O』初日舞台挨拶

0400

登場したのは、橋本マナミさん、GENKINGさん、そしてリオ五輪レスリング女子48キロ級金メダリストの登坂絵莉さん!
セクシー系、クール系、アスリート系と、それぞれ趣向を凝らしたGANTZファッションが魅力的です!
そんな中、金メダルを手に登壇した登坂さんは、本作を鑑賞しながらアスリート魂がウズウズしたようで「ぬらりひょんと闘ってみたい」と、衝撃のコメント。

 

 

0500
最終形態となったぬらりひょんは、かなり強いんですよ。
さすがの登坂選手も厳しいのでは…、と思ったら。
「ぬらりひょんは意外と棒立ちの時が多いんですよ。私のタックルなら簡単に倒せると思います」と、早くも勝利宣言。
聞けばアクションシーンは、どうやったら相手を倒すことが出来るか、常に分析しながらご覧になっているとのこと。
きっと、こうした日頃からの鍛錬が金メダルへとつながるのでしょうね〜。
さすが達人!

東京国際映画祭では、一夜限りで英語吹替え版も特別上映された『GANTZ:O』。
ヒロイン山崎杏の声を務めるのは、河北麻友子さん。
日本が誇るジャパニメーション、これがきっかけで海外での上映につながるといいですね。

 


 

それではまた次回、お会いしましょう。
お相手は、八雲ふみねでした。

 

 

 

06 GANTZ:O
2016年10月14日から全国ロードショー
原作:奥浩哉
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
脚本:黒岩勉
キャスト:小野大輔、M・A・O、郭智博、早見沙織、池田秀一、ケンドーコバヤシ、レイザーラモンHG、レイザーラモンRG、津嘉山正種、小野坂昌也、津田健次郎、小川輝晃、梶裕貴 ほか
©奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

 

 

 

八雲ふみね fumine yakumo

八雲ふみね大阪市出身。映画コメンテーター・エッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に司会者としてもおなじみ。
「シネマズ by 松竹」では、ティーチイン試写会シリーズのナビゲーターも務めている。
八雲ふみね公式サイト yakumox.com

 

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com