『アイカツ! ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!』スマホおうえんライブ版の楽しさ!

銀幕とスマホ、ふたつの画面の相乗効果

アイカツ!
アイカツ
何だか面白そうだったので、映画公開前のテスト試写会で、実際に試してみました。

まず上映前、お持ちのスマホが動作保証端末であるかどうかをホームページでご確認の上、専用アプリをダウンロードしてください(映画の上映前にもアナウンスがありますので、その指示に従っていただければ)。

アプリを立ち上げ、映画の上映が始まると、映画の進行に応じてスマホ画面でも曲紹介をしたり、いろいろ反応していきます。さすがに最初は映画とスマホ、二つの画面を一緒に見るのにアタフタしましたが、すぐに慣れてきます。

歌が始まると、スマホはサイリウムに早変わりし、ペンライトタイプ、スタータイプ、ハートタイプと、歌の種類に合わせてタイプや発色も変わりますので振ってよし、眺めてよし、いずれにせよライヴ感覚が高まること必定。

通常、映画上映中のスマホの灯りには怒り心頭、注意必須ではありますが、こういった特殊な形態ならば逆にウエルカム。3Dや4DX、MX4Dなどなど、最近では新しい映画の上映形態が好評ですが、その中のお楽しみのひとつとして、これも大いにありだと思います。

本当に映画は100年の歴史を経て、単なる娯楽芸術の域を超えて、体感する時代へと移行し始めているようです。

今後、この方式はアイドルだけでなくさまざまな実写アーティストのライヴ映画などにも応用できるでしょうし、『仮面ライダー』やスーパー戦隊ものなど、特撮ヒーロー映画にこの方式を導入する手もありですね。
また私などは『ラストワルツ』や『ウッドストック』など往年のロック・ドキュメンタリー映画名作群を、こういった方式でリニューアルしてリバイバル上映してくれたらさぞや面白かろう、などと感じてしまいました。その意味では、マーティン・スコセッシ監督のように映画の温故知新を大事にしながら活動している映画人にも、この映画をぜひ見ていただきたいものです⁉

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら

(文:増當竜也)

(C)2015 BNP/BANDAI, AIKATSU MUSIC AWARD


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com