2人と一緒に旅をする。男がときめくバディ・ムービー『アリーキャット』榊英雄監督インタビュー

7月15日(土)より公開中の映画『アリーキャット』は、ハリウッド進出を果たした窪塚洋介、結成20周年を迎えたDragon AshのKjこと降谷建志が初タッグを組んだ話題作。そんな『アリーキャット』の榊英雄監督に単独インタビューを実施し、作品の見どころ、撮影秘話などをお聞きしてきました。

あらすじ

(C)2017「アリーキャット」製作委員会

怪我の後遺症に悩みながら警備員のアルバイトで食いつなぐ元ボクサーのマルと、自動車整備工場で気ままに働くリリィ。猫がきっかけで出会った2人が、ひとりの女性を守るために奮闘する物語。

── 本作『アリーキャット』をつくることになったきっかけと、2人をキャスティングした背景などをお聞かせいただけますでしょうか?

榊英雄監督(以下、榊) プロデューサーの中野さんと、「最近、男くさい映画が少ないよね」って話をしていて。青春ものもいいけど、オリジナルで何かやりたいという話になったことがきっかけです。

それで、男の話ならバディ・ムービーがいいよねって話になったんです。(※バディ・ムービー:2人の主人公が活躍する映画)

自然とマルとリリィというキャラクターが生まれ、同時に窪塚洋介君をキャスティングしたいとなりました。そのあとに、リリィを演じるのは役者なのか、それとも違う人をぶつけるのかと悩んでいたところに、Kjこと降谷建志君が役者をもっとやってみたいという話を聞いて、それでオファーしました。

(C)2017「アリーキャット」製作委員会

キャスティングに関してもっと言えば、昔の窪塚君であればリリィなんですよ。そして、パブリックイメージから言えば、降谷君がマルっぽい。でも、僕はマルの方を窪塚君にしたいし、降谷君はなんとなく愛嬌のある人なのではなかろうか、という想像の中でリリィの役を振りました。それが結果として大正解となりました。

窪塚君も「何も言われなかったらリリィの方をやりたかった」と言っていましたが、自分の中で何か挑戦したい、違う面を出したかったところもあったと思います。僕自身、『池袋ウエストゲートパーク』とか『ピンポン』などのいわゆる窪塚テイストをいまさら撮りたくないというエゴもありました。

その結果、マルはどこか冷めていて、リリィは愛嬌のあるキャラと、2人をしっかりと分けることができましたね。でも、やっぱり役者同士、楽しいとついそのキャラクターを超えたくなるわけで、窪塚君にはずっと我慢してもらいました。途中で「つらかったっすよ、監督…」なんてこともありました(笑)。

── タイトルの『アリーキャット』(意味:野良猫)は後から付けられたものだとお聞きしましたが、どのようにして決められたのでしょうか?

もともとは『アーリーキャット』だったんですよ。仮題として。でも、英語が達者な人たちに聞いてみたら、アーリーよりアリーの方が良いなんて意見もあって。それで現場でもみんなでいろいろ考えてみたんですよ。

「ランブルキャットはどうですか?」 それだと強すぎる。

「プッシーキャットはどうでうか?」 いやいやそういうことじゃない。

みたいな。で、やっぱり弱くて、それでいて強くもない感じがいいから、1番ベースの『アーリーキャット』から『アリーキャット』になったんです。

── 撮影期間が2週間ほどしかなかったそうですが、苦労されたエピソードと逆に短くて良かったエピソードを教えてください。

 できれば大予算で2カ月ほどゆっくりと、みんなでランチを座って食べながら撮影したいところですが、そういう状況じゃないときの方が多いです。天候にも左右されますし、大雪が降って中止になったこともありました。1日撮影が延びると、頭の中でチャリンチャリンと経費を計算しなくてはいけないわけで…。

ただ、主演の2人のスケジュールや、制作費の中でいうと、あと何日間しかないってなったとき、その日に撮りたいもの、撮らなくてはいけないものを調整し、別日で何を撮るかなど瞬間瞬間で判断しなくてはいけない。

結果、全員がぎゅっと集中して、この2週間に相当なエネルギーを使ったのは事実なんですよね。2週間で撮り上げないといけないっていうプレッシャーがありますから。撮りこぼしちゃいけない、リカバーの予備日がないんですよ。雨が降ってほしくないと言っても、降っても撮るしかないこともある。

そのときそのときにどうするかってことに対しての執着と集中力がものすごく芽生える。これが1カ月だったらもっと違う作品になっていたと思います。長い期間の撮影もそれはそれで良いんですけど、集中力を切らさないように撮ることは大変ですからね。初めから終わりまで、1日をすごく濃厚に考えていましたよ。

── 作中にて、ナポリタンとコーラを頼むシーンがあります。浅野忠信さん主演の『Helpless』でもその組み合わせが出てきますが、意識されたのでしょうか?

 ほんとですか? 青山真治監督のでしょ? どうしてでしょうね。僕がナポリタンとコーラを指定したんですよ。多分それを見てたのかなぁ…。

青山さんは同じ九州人同士の先輩後輩なので、好きなことを言い合える仲なんです。最近は、青山さんのことを嫌いって本人にも言えるくらい。もしかしたら青山さんへのリスペクトがあったのかもしれない。言いたくないけど。これは書いておいてください(笑)。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事