原節子の小津映画出演第1作 『晩春』がブルーレイ化

■「キネマニア共和国」

昭和を代表する映画スターの至宝とでもいうべき原節子が今年9月5日に95歳で亡くなりました。
奇しくも松竹では、彼女の主演映画をデジタル修復し、12月にブルーレイ&DVDでリリースしようとしていました……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.70》

小津安二郎監督の1949年度作品『晩春』です。

晩春

戦後小津映画の作風を決定づけた
記念すべき名作

『晩春』は原節子が初めて小津安二郎監督作品に出演した記念すべき作品ですが、小津監督にとっても戦後の彼の作風を決定づけた意味で画期的な作品でもあります。

妻を亡くして久しい大学教授・周吉は、27歳になっても嫁に行こうとしない娘・紀子のことが気がかりでならない。そんな折、周吉にお見合いの話が持ち上がり、父の再婚を嫌悪していた紀子の心が揺れるのを察知した彼は、紀子に再婚の意思を伝え……。

廣津和郎の短編小説『父と娘』を原作に、嫁いでいく娘と、それを見送る父の麗しき愛の絆を清廉なタッチで綴りつつ、その中から親の老いと孤独を露にしていく本作のモチーフは、戦後から晩年にかけての小津映画に精通するものともなっていきます。

また原節子はそういった戦後小津映画の象徴的存在となり、以後『麦秋』(51)『東京物語』(53)『東京暮色』(57)秋日和』(60)『小早川家の秋』(61)と、計6作品の小津映画に出演しました。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com