舞台挨拶&トークセッションで内容充実の『木屋町DARUMA』プレミア試写会リポート

9月24日(木)、渋谷・ユーロライブにて映画『木屋町DARUMA』のプレミア試写会が開催され、監督、キャストによる舞台挨拶と上映後にトークセッションが行われました。

今作は過激すぎて出版社から発行を断られ続けたという経緯をもつ同名小説が原作。
ある出来事から両手足を失ったヤクザの勝浦(遠藤憲一)は借金の取り立て屋となり、相棒の坂本(三浦誠己)とともに借金の回収をしていくなかで、ある家の取り立てをきっかけに勝浦が四肢を失うことになった事件の裏が明らかになります。

DSC07529_1200
舞台挨拶には、この日のMCであり出演もしている森本のぶさん、坂本健太役の三浦誠己さん、新井友里役の武田梨奈さん、金内秋生役の木下ほうかさん、榊英雄監督が登壇。

三浦「僕の俳優人生の節目となった作品です。俳優と現場のエネルギーが銀幕から伝わってくる力強い映画になっていると思います」
武田「役者として挑戦した役で、もう怖いものがないんじゃないかと思える作品に関わらせていただけてよかったです」
木下「いろいろありましたけど、やっと公開にこぎつけたので本当にうれしいです」
とキャスト陣があいさつ。
DSC07481_1200
榊監督が「武田は今日、割るとか切るとか殺すとかあるの?」聞くと「今日はスカートなので」と武田さん。木下さんにも「普段、こんなの着ないでしょ?」と言われ、「え、あ、あんまり」と戸惑う武田さんの姿に、「いじりが現場の感じ」と榊監督も思わず笑いをこぼしていました。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事