SEXもドラマもパワーアップ!「フィフティシェイズ」続編はエロいを超えてスゴい!

2015年に公開され世映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。恋愛経験なしの女子大生と若きイケメン経営者とCEOの恋愛模様を描いた作品ですが、過激なラブシーンやSMプレイもあり様々な話題を呼んだ作品です。(日本では公開時“ぼかし”がきつすぎるという意味でも大きな話題となりました)

そんな『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編がいよいよ6月23日より公開されるのですが・・・今回あらゆる側面でパワーアップしてます!
フィフティ・シェイズ・ダーカー ポスタービジュアル

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

そもそも『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』&『フィフティ・シェイズ・ダーカー』とは?

まず2015年に公開された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』。

恋愛経験のない女子大生のアナが若きイケメン経営者クリスチャン・グレイにインタビューをする、という形で出会います。その後何度か会っていくうちに恋愛に発展。

ここまでは普通の恋愛ドラマですが、ここからの展開が凄いのがこの映画。

クリスチャンはSMプレイを含む過激なSEXの虜。しかもアナは恋愛経験なしときた。

つまりそういう展開になっていきます。(みなさまのご想像にお任せします)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (字幕版)

色々あったその後、二人は破局。

しかしお互いを思い続けていた二人。

そんな二人が再会し、また惹かれ合っていく。

その物語が描かれるのが今回の『フィフティ・シェイズ・ダーカー』となります。

難しい展開ではないので、いきなり『フィフティ・シェイズ・ダーカー』を見てもいけるとは思います。

フィフティ・シェイズ・ダーカー 仮メイン

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

あらゆる面でパワーアップ!

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をお先に鑑賞させて頂いての感想は、「パワーアップしてんな!」ということ。

まず、とにかくSMを含んだSEXのシーンが激しい。クリスチャンの過激な要求を前に私たちは「エロい」よりも「スゴい」という感想になるかと思います。

一度別れてまた惹かれ合う二人の生々しさ(褒めてます)もありますが、やはりクリスチャンの過激な欲求ゆえのスゴさを感じました。特にSMグッズのレパートリーや、それを使ってプレイするシーンはとにかく“スゴい”。

(一応確認しますが、褒めてますからね)

それに応えられるようになってきているアナもまたスゴい。一度は拒絶しつつも、乱暴にされることがありつつも、クリスチャンのことが好きなんだなと。人の心って難しいものです。

フィフティ・シェイズ・ダーカー サブ2

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

と、プレイのスゴさ、エロさ、過激さがパワーアップしているわけですが、ドラマパートもとてもパワーアップしていて、これが個人的には見てて最も響くものでした。

今作は「なぜクリスチャンは激しいプレイを好むようになったのか?」を含む、彼の心の闇に迫っていきます。

そして、今まで彼が思うことが無かった、「ずっと一緒にいたい」と思う気持ち、つまり結婚を意識する思いも芽生えてきます。

フィフティ・シェイズ・ダーカー サブ1

(C)2016 UNIVERSAL STUDIOS

グレイはきっと、ずっと過去に蝕まれ、誰にもそれを明かすことができず苦しんでいたのでしょう。それがアナによって徐々にほぐされていき、希望を見出すことができるようになってきたのではと思いました。

今回は「なるほど、そこで着地ね」というところでおしまい。もやもやすることもなく満足。しかし、先が気になるラストとなっていました。(個人的にはシリーズもので好きな終わり方)

ちなみに原作を読むと内面がより深く書かれているので、1作目含めて消化不良の方は原作にも是非チャレンジしてみてください。私もこれで1作目のもやもやが解消されました。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-1)

フィフティ・シェイズ・ダーカー (上) (ハヤカワ文庫NV)

過激な描写がどうしても話題になりますが、それも見どころで間違いないということを改めて宣言しつつ、クリスチャンの過去のドラマや内面の変化にも注目してみてください。

きっと、様々感じるものが出てくると思いますので。

■同ジャンルの記事をもっと読みたい方は、こちら

(文:柳下修平)

関連記事

さらなる“禁断”の官能と愛―映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
予告解禁!さらなる官能の世界へ『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
官能的でゴージャスな愛…『フィフティ・シェイズ・ダーカー』ポスターV

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com