臓物のにおいを想像してしまいそう?映画『フリーキッチン』初日舞台挨拶

2015年11月28日(土)、ユーロスペースにて映画『フリーキッチン』の公開初日舞台挨拶が行われ、主演の森田桐矢さん、延増静美さん、大貫真代さん、中村研太郎監督が登壇しました。

今作は福満しげゆきの短編漫画『娘味』を原作に、日常的に人間を捕まえ料理する母の元で育った、高校生ミツオの生活と恋愛を描いた映画。カニバリズムをテーマにしながらも、極端に暗い作風やグロテスクな描写が多いわけではなく、ホームドラマとして観られる作品です。

主演の決め手は「暗い表情が似合う」こと?

フリーキッチンDSC08562_750
映画初出演で主演をつとめた森田さん。監督によると、原作漫画のキャラクターに寄せようと思ったわけではなく、自身が脚本を書いていたときのイメージでキャスティングしたとのこと。「いじめや自分の家庭環境に悩んでいて、ずっと暗い顔をしている少年なので、そういう表情が似合って、なおかつかわいい子がいいなと思って選びました。お芝居も上手だったし、オーディションで待っている時の不敵な感じがよかったです(笑)」と、オーディションでの決め手を話していました。

シナリオを読んでの感想を尋ねられた延増さんは、もともと監督の知り合いだったそうで、脚本ができるまえに、「臓物にダイブしてほしい」と監督に言われていて「ぜひやらせてください!」と答えていたそう。
また、「脚本を読んで、怖いというよりは、説明のセリフが多くて難しい役だなと思いました。でも演じるにあたっては、脚本に素直にやろうと思って、ある親子の話だと思って演じました」と明かします。

フリーキッチンDSC08637_750
そんな延増さんとの共演について、森田さんは「撮影中は対面のシーンが多かったけど、ぐいぐい圧をかけてくるんです(笑)。言葉ひとつひとつでプレッシャーをかけてくるというか。それが母親からミツオにかかっている圧と通じるものがあって、自然に演じられたと思うので、助けられたと思います」と話します。
延増さんは圧をかけていた自覚はなかったそうで、「そうだった!?」と苦笑。監督もその圧は狙い通りだったそうで、「結果的によかったと思います」とコメントしていました。

フリーキッチンDSC08640_750jpg
ヒロインの大貫さんは、ハ虫類を売るペットショップの店員ということで、「今まであまりヘビとかをまじまじと見たことはなかったけど、意外とかわいいんだなと思いました」と話し、役どころについては「ミツオの生活に変化を起こす重要な役割だったので、心して演じました」とのこと。
「あまり話すとネタバレになっちゃう!」と多くは語れないようで、気になる方はぜひ劇中で観てみてください。


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事