島崎遥香&高田里穂&中田秀夫監督『劇場霊』3ショットインタビュー

劇場霊 島崎遥香 中田秀夫 高田里穂 インタビュー

本日2015年11月21日より、Jホラーの巨匠・中田秀夫監督の最新作となる映画『劇場霊』が公開となります。シネマズでは、主演・島崎遥香さん、高田里穂さん、中田秀夫監督の貴重な3ショットインタビューを行いました。

思い切って女優さんに演じてもらった

劇場霊

―作品を拝見させていただいて、まさに「ジェットコースター・ホラー」の名にふさわしく、後半で駆け抜けていくように巻き起こる恐怖の数々に身が凍る思いがしたのですが、個人的には、その中に織り交ぜられる人間の感情に訴えかけてくるようなセリフの数々が印象的でした。

監督:
人間が襲われるっていうのがホラー映画。だけど、それだけで恐怖表現だけで成り立つわけじゃないんです。人間がいる以上、ドラマがあるし、感情がある。人の死に思いが至るっていう話が多くて、こういうことがあったから、魔物になってしまったという“悲しみ”というものがあるので、ホラーと悲しみというのはワンセットかなって気がします。

―本作での魔物は、球体関節人形ですが、全てがCGではないとお伺いして驚きました。

監督:
フルCGでやったシーンも1つだけあるのですが、他は違いますね。我々が参考に観たのは、ターミネーター2とか。もちろん人形も使っていると思いますが、ほとんどCGでやっているはずなんです。ハリウッド映画のように、お金をいくらでもかけてよければ全部CGでやったかもしれませんが、ただCGって実体感がないんですよね。

―CGじゃないからこその表現ということでしょうか?

監督:
フルCGだと、そこにいるという感じというか、僕の目にはどうしても薄く映ってしまうところがあります。今回の映画では、堅い人形が、若い血をいっぱい吸って、血もある肉もあって、「人間になりたい、若い女性になりたい」という欲求を持っている。だからこそ、思い切って人間というか、女優さんに演じてもらいました。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事