島崎遥香&高田里穂&中田秀夫監督『劇場霊』3ショットインタビュー

今度はコメディをやってみたい

―女優同士の憎悪が描かれているという点で、現場の雰囲気はどうだったんですか?

監督:
僕自身が、和んでいるところから切り替えが効くタイプじゃないのもあって、島崎さんには、そういう気分を崩さない方がいい思ったで、怖いシーンのある日は、他のひとと喋ったりして和んだりしないようにとアドバイスはしましたね。僕自身も、自分にだべり禁止令を出しました。

―かなりストイックな雰囲気だったということでしょうか?

監督:
今回はあえて、そういう感じにしました。

―島崎さんは、そのストイックな雰囲気はどうでしたか?

島崎:
私、元々人から話しかけられないと、自分から話しかけないタイプなんです。結構普段から暗いので、大丈夫でした。

―そう聞くと、監督と島崎さんの馬があったというのはすごくよくわかりますね。話が少し変わってしまうのですが、島崎さんは探偵役をやってみたいと話されているのを聞いたのですが。

島崎:
はい、本当です。

―実は、僕過去に探偵やっていたことがあるんですよ。

島崎:
え!すごい。やっぱりボールペン型のカメラとか持っていたりするんですか?

―そういうのも使ったりしていましたよ。

島崎:
本当なんだ!なんだか探偵に見えてきました。

―逆質問されるとなんだか恐縮しますね(笑)探偵以外でやってみたい役はありますか?

島崎:
コメディですね。普段が暗い性格なので、とにかく明るい別人になってみたいです。

―高田さんはやってみたい役はありますか?

高田:
同じになっちゃうんですが、私もコメディですね。普通の女の子だけど、面白いノリがあるみたいな役をやってみたいです。

劇場霊

―主演女優として、大変だったなというシーンはどこですか?

島崎:
最後の人形との闘いですね。一番ラストのところの撮影は、一発勝負みたいなところもあって、とても緊張しましたね。

―それを観た人の感想が、いっぱい飛び交ってくると思いますが、待ち遠しいですか?

怖いです!あんまり気にしないようにしようとは思っているんですけど、映画を観るより怖いかもしれません(笑)

映画『劇場霊』は本日より公開開始!

中田秀夫監督が満を持して送り出す最恐のJホラー映画『劇場霊』は、本日より公開開始!

(C)2015『劇場霊』製作委員会

(取材・文/黒宮丈治)

関連リンク

【恐怖】白いドレスを着た女性の幽霊が試写室に!?松竹七不思議の真相とは…
究極の恐怖体験!映画『劇場霊』全国13劇場で4DX上映されることが決定!
ぱるる、「ふ~」して大はしゃぎ⁉『劇場霊』ドッキリ付き大阪キャンペーン
ひとりで最後まで観ないでください…『劇場霊』最恐本予告動画が解禁!


    ライタープロフィール

    黒宮丈治

    黒宮丈治

    大手家電メーカー営業マン、デザイナー、映像ディレクター、鳶職、探偵、水商売、ライブハウスの店長など30種以上の職種を渡り歩き現在はフリーライターとして活動。好きな映画は恋愛映画。幼き頃に食べた映画館でのアイスモナカが今も忘れられずにいる。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com