揚げ具合はミディアムウェル。老舗とんかつを新宿で味わう『とんかつ王ろじ』

新宿・王ろじ名物『とん丼』やエビフライなども

こちらは今回紹介したとんかつセットもおいしいのですが『とん丼(カツカレー)』(1,000円。大盛りは+100円)が名物でもあります。価格も手ごろで美味しいカツカレー丼が食べられるこちらのメニューにトライしてみても良いと思いますよ。

また、とんかつやエビフライ・王ろじ漬けなどを単体でも頼めます。夜に来てビールを飲みながらとんかつや漬物をつまみ、最後にとん汁とライスで締めるというのも乙な過ごし方かと思います。

新宿で長く愛される人気店・王ろじ

とんかつ 王ろじ 新宿 老舗

土曜日の13時半くらいに伺いましたが、私が到着したときに10人程度の行列が。そして入店するときに私の後ろには20人ほどの人が居ました。客層も若いカップルから家族連れまで様々で、このお店が長年愛されているのだなあということを感じます。

次の東京オリンピックどころか、その次の東京オリンピック(いつあるか分かりませんけれど)までも続いてほしい、古き良き名店だなと思いつつお店を後にしました。

新宿ピカデリーで映画を楽しんだ後に、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

とんかつ 王ろじ

住所:東京都新宿区新宿3-17-21
時間:11:00-15:00、16:30-20:30
定休日:水曜日

(文・写真/奥野大児)

関連リンク

新宿ピカデリーの帰り道は『アカシア』でロールキャベツシチューを
松重豊が豪快に喰らった『中国家庭料理 楊』で孤独のグルメをしてきた
新感覚”ポップオーバー”パンケーキをペロる!豊洲『Butter Premium』
映画が500円安くなるぜ!SMT Membersがパワーアップ。新宿ピカデリーも揃い踏みに!


    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com