人の人生に寄り添うものでありたい―是枝裕和監督シネマズ独占インタビュー

読後感のある映画を目指して

――今回、Blu-rayとDVDが発売されますが、映画って劇場で観て終わりだけど、ソフト化されることで手元に置いておけますよね。以前、音楽プロデューサーの浅田祐介さんという方が「音楽は携えるものだと思う」という発言をされていたのですが、しかし映画は携えることは出来ない…。

いや、映画もそうでありたいと思っていますよ。人の人生に寄り添うものでありたいと。

――しかし、ソフトとなって発売されるまでは、持ち歩けませんよね?

観終わったあと、劇場を出ても引きずる映画ってありますよね。劇場を出た後に、風景が変わる経験。持ち歩かなくても、同じ経験はできると思いますし、そういうものを目指しています。

――では監督にとって、風景を変えられた印象深い作品とは?

ヒッチコックの『鳥』ですね。初めて観た直後は、電線に止まっているカラスが、いつ襲ってくるかと気になって仕方がなかったのを覚えています。

――強烈な作品ですよね。今でも鳥を見ると怖くなる時があります。

あの作品は、何で鳥が襲ってくるのか最後までわからないんです。突然襲ってきて、突然やめる。理由が無いんですよ。パニック映画って、ほとんどの作品に理由があって、解決策がある。だけど『鳥』は、なんで襲ってきたか分からずに、車で静かに去っていくだけじゃないですか。だから、余計怖いんですよ。

――監督に影響を与えたのがパニック映画だというのは意外でした。

ジャンルは全然違うけど、普段見過ごしているものが違って見える、ということが時々起きるといいなと思っています。今回の作品では、台風が去った後に、団地の芝生が違って見える、そんな読後感の映画にしたいと思いました。観終えた後、そんな風になればいいなと。

次回作は法廷モノ「チャレンジですね」

海よりもまだ深く

――再びタイトルの話に戻るのですが、タイトルの一節は「愛」へとつながるフレーズですよね。本作でも、多くの「愛」が描かれていますよね?

テーマのひとつは、愛ですね。まずひとつは、父親の愛情が遅れてやってくるというもの。亡くなった後になって思い返すことで、感じる愛情。そして、もうひとつが、べったりと現在進行系で寄り添う母親の愛情。だからこそ、鬱陶しいというのもある。この2つの愛情が、映画の中にあると思ったので、そこに繋がっていくといいなという思いもありました。

――しばらく家族モノは撮らないそうですが?

分からないですね。やりたくなったら、やりますよ(笑)

――次に撮るのは法定モノだそうですね。

自分自身は、あまり家族モノの作家だと思っていないのに、そういう風に思われているようで。だから、イメージチェンジしようかなと。色々な題材を撮りたいと思っているので、次はチャレンジですね。

海よりもまだ深く 是枝裕和監督 インタビュー BD DVD

 

海よりもまだ深く[Blu-ray]

(取材・文/黒宮丈治)

関連記事

ダメ男の名前は、みな良多なのね。
是枝監督、池松壮亮は“色っぽい”―『海よりもまだ深く』トークイベント
映画『海よりもまだ深く』に登場する4つの“深~い名言”
なぜ団地を舞台に?『海よりもまだ深く』是枝裕和監督が明かす、その理由―
「海よりもまだ深く」の次に来るのはどんなタイプの作品なのだろう?

    ライタープロフィール

    黒宮丈治

    黒宮丈治

    大手家電メーカー営業マン、デザイナー、映像ディレクター、鳶職、探偵、水商売、ライブハウスの店長など30種以上の職種を渡り歩き現在はフリーライターとして活動。好きな映画は恋愛映画。幼き頃に食べた映画館でのアイスモナカが今も忘れられずにいる。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.9 株式会社ビック・ママ 守井嘉朗社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • じぇみじぇみ子
    • 猫ライター(登世子)
    • ながち
    • 石原弘之
    • 東紗友美
    • つちや ゆみえ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo