エロ社長役に「ちょっとやりすぎたかも」!?『レオン』知英インタビュー

──今回やりたかったコメディーをやられて女優の幅も広がったと思いますが、目指す女優像といったところをお聞かせください。

知英:これからも色んな役に出会いたいし、どんな役にもなれる女優になりたいと思っています。例えば、今回の映画もある意味家族モノではありますが、正統派の家族モノもやってみたいですし、ザ・ラブストーリーといった感じの映画もやってみたいです。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

──今作では地味なOLが華やかに変化していく姿も見どころのひとつで、女性が観て元気が出るような作品になっていると思うのですが、自分に自信がもてないという女性にエールをいただけますか?

知英:私が演じた地味なOL・小鳥遊は、中身が朝比奈になったことで、外見もだんだん変わっていく自分を客観的に見て、「私もこんな風になれるんだ」とか「役に立てるんだ」とか「無駄なところはなかったんだ」とか、入れ替わったからこそ色んなことを感じるんですね。

(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

普通の人は入れ替わることはできないけれど、メガネを外すとかメイクを変えてみるとか、ちょっとの変化をおこすことで、これからの人生も変わるんじゃないでしょうか。女性の方は、そういう目線でこの映画を観たら、また違う楽しみ方をしてもらえると思います。

──では最後に、映画の公開を楽しみにしているファンのみなさんにメッセージをお願いいたします。

知英:今回初めてコメディーに挑戦しました。大好きな竹中さんと共演できて、しかも入れ替わってしまうなんて! 自分はとても満足している作品なので、皆さんもぜひ劇場で声を出して笑ってください。

画像はクリックで拡大・高画質表示できます。

映画『レオン』は2月24日(土)全国ロードショーです。

(写真:生熊友博、文:井嶋輝文)

『レオン』に関する記事を読む

関連記事

歩く彫刻・イケメンすぎる吉沢亮が竹中直人と…!?『レオン』キスシーン映像解禁
漫画実写化の名手による新旧共演に注目!『レオン』劇中カット独占解禁&2人の軌跡を紹介
知英、竹中直人と入れ替わる?!長編初主演『レオン』公開決定
本当に面白かった2017年のマンガの実写映画化作品ベスト10!「実写化はダメ」なんて言わせない!
期待できる?それともイヤな予感しかしない?2017年公開の漫画の実写映画化作品まとめ!


    ライタープロフィール

    いぢま (井嶋輝文)

    いぢま (井嶋輝文)

    静岡県浜松市出身、東京都在住。フリーランスシステムエンジニア、ブロガー、ライター、などの肩書きを持つ仮面ライダー大好きオジさん。初めて映画館で観た映画『スターウォーズ』に衝撃を受け、以来SF映画や特撮映画、アクション映画を中心に映画好きになる。但し、恋愛映画とホラー映画はちょっと苦手。個人ブログ『Knowledge Colors』では映画以外の話題も発信中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com