次の名作は『お台場』から!生まれ変わった『松竹映像センター』レポvol.1

スタジオのコンセプトデザインは、乃木坂のソニー・ミュージックスタジオや、X JapanのYOSHIKIさんのスタジオをはじめとして、ディズニーやユニーバサル、20世紀フォックスなどの録音スタジオなど数々のハリウッドのスタジオを手がけたピーター・グルナイセン氏(Peter Grueneisen)が担当。

松竹映像センター お台場 レポ 館内

スタジオ内の随所に見られる、2つの三角形が1つの長方形になったものは、長辺と短辺が2:1となっていて日本の『畳』と同じ比率。また、各所に見られる半透明の素材は障子や和紙などをイメージしたものとなっていて、松竹120周年の伝統と最新鋭の技術の調和をイメージしたデザインとなっています。

松竹映像センター お台場 レポ 館内 ポスプロ

全体的に白を貴重とした開放感あふれるスペースが続き、今後ここから様々なクリエイティブ作品が生まれると考えるとシネマズ編集部のメンバーも大変興奮してしまいました。

お台場という各種アクセス面からも好立地なこの場所は、製作者にとって更なるハブとして機能していくでしょう。

ちなみに松竹映像センターは、松竹作品のみを取り扱っているわけではなく、その他の映画製作会社や様々な映像作品を手がけるクリエイターの人が使えるスタジオ。最新鋭の施設で、最高の作品を作りあげたい映像関係者はぜひチェックしておきたい場所。

全てを一気にお伝えするには長くなってしまいますので、今回はここまで。次回は気になるスタジオ内部の写真を紹介したいと思います。声優の方々が音声収録を行う場所など、非常に見応えのある施設となっています。乞うご期待ください。

MAは世界で通じない?生まれ変わった『松竹映像センター』レポvol.2

松竹映像センター お台場 レポ 館内 ポスプロ

株式会社松竹映像センターウェブサイト

関連リンク

MAは世界で通じない?生まれ変わった『松竹映像センター』レポvol.2
アフレコは和製英語?生まれ変わった『松竹映像センター』レポvol.3
松竹映像センター『2015年度世界の優秀新スタジオ18選』に。日本で唯一
美しき名女優の写真と鎌倉の麗しき時間。鎌倉市川喜多映画記念館・早田雄二展レポ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com