関俊彦と遊佐浩二が「平ジェネFOREVER」舞台裏を明かす!「電王ナイト」イベント詳細レポ

12月22日に公開された仮面ライダーシリーズの劇場版最新作『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』。本作の大ヒットを記念し、本作で重要な役割を果たすレジェンドライダー『仮面ライダー電王』をフィーチャーした一夜限りのイベント「電王ナイト」が12月27日に東京・新宿バルト9にて開催された。


イベントには『仮面ライダー電王』で主人公・野上良太郎(演:佐藤健)にとり憑き、電王に変身するイマジン・モモタロスの声を担当した声優の関俊彦さん、同じくイマジン・ウラタロスの声を担当した声優の遊佐浩二さん、今回の映画で電王出演パートの脚本監修を担当した仮面ライダー電王のメインライター・小林靖子さん、プロデューサーの白倉伸一郎さんと武部直美さんが登壇した。

※映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』のネタバレを含む内容がありますので、これから映画をご覧になる方はご注意ください。

『電王』はまだまだ走り続ける

『仮面ライダー電王』のイベントに久しぶりに登場する心境を聞かれた関さんは、「放送当時からいくつものイベントをやらせて頂いていて、ファンの皆さんと接する機会も多かったですが、(ファンの)皆さん熱いですよね。(放送終了から)ずいぶん経ちますが、いまだに『電王のファンなんです』と言って頂けたり、お父さんお母さんになったファンの方々が『子供が特撮に興味を持ち始めたので電王を観せています』と言ってくださったり、自分の息子さん娘さんに拡散し続けてくれていることに驚くとともに、大変うれしい気持ちになりました。これからもまだまだ『電王』は走ると思います」とコメントし、会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

そんな関さんの言葉を受けて遊佐さんは「こうやってプレッシャーをかけておかないと! 10周年の時に何もしなかったんで」と、プロデューサー陣に対して節目の電王イベントの開催を要望しつつ、「通常『仮面ライダー』は1年で次のシリーズになってしまうので、(ファンの)皆さんとお会いできるのも1年間のはずなんですが、なぜか『電王』は3年、4年と何かしらやっていて終わった気がしないし、ゲーム案件などで1年に1回は演じているので忘れたことがないですね。観てくださってるお客様も、気張らずゆったりと構えて迎えてくださってるのが非常に印象的な作品だなと思う。周りのスタッフさん含め、ファンの方々もずっとアットホームなままだなぁと感じます」と、長年愛され続けていることをうれしそうに笑顔で語った。

また、アフレコのときに、脚本にないシーンが多々あるという声優陣からのコメントを受けた白倉プロデューサーは、今回の映画では平成仮面ライダーシリーズでほぼ全ての主役ライダーを演じているスーツアクターの高岩成二さんに、M(モモタロス)U(ウラタロス)K(キンタロス)R(リュウタロス)の全てを演じてもらう構想だった事を明かし、「高岩さんにお願いに行ったら『おぐらさん(テレビシリーズでリュウタロスを演じていたスーツアクター・おぐらとしひろ)をリュウタロスに入れてくれ』っていう謎の条件を出された。これは何かやる気だな、モモとリュウで何かやらかそうとしているなと、(高岩さんは)話を聞いた瞬間に何か企みはじめっちゃてた。台本通りやる気ないなと思った」と、暴露して会場の笑いを誘った。

「時間モノだから」


今回の映画で、重要なシーンで電王が登場する事になった経緯を聞かれた白倉プロデューサーは「時間モノだからですよ。なんだっけ、『ジオウ』だっけ? 朝、電王のパクリみたいな番組やってるんですよ」と話し始めて会場の笑いを誘い、「時間を移動しちゃうのはジオウだけでも大変なんですよ。(電王が入って)もう1こ、時間移動しちゃうと面倒な事になっちゃう。これはテレビではやってられないから映画でやろうと思った。きちんと主軸に据えないと『電王』というファクターはとてもじゃないが吸収できないと思った」と、その経緯を明かし、武部プロデューサーからは「10周年のときにいろいろと、(ファンの)皆さんの声がありつつ、何もできなかったという気持ちもあった」と、ファンへの気持ちにも配慮した登場であったことを補足した。

今回の電王登場パートの脚本監修をオファーされた際の心境を聞かれた小林さんは「佐藤健くんが出演することと何をやるかといった部分は、オファーを頂いた時点で大体決まっていた。健くんからの提案で『U良太郎(ウラタロスが憑依した状態)ならできる。今の歳で(当時のままの)良太郎を演るのは(ファンの)みんなの夢を壊してしまう』とのお話を頂いた」と、佐藤健さんの出演シーンが本人の提案でウラタロス憑依の状態に決まった事を明かした。
また「おまけコーナーみたいにお助けヒーローで(電王が)出るのかと思ったら、この映画の重要なところを電王が担うという事で、そのあとのストーリーを成立させるようなセリフにしないといけない。解釈違いを起こしていたらどうしようと、すごく不安で何度も白倉さんに確認して書きました」と、脚本執筆時の苦労を吐露した。

これを受けて、遊佐さんは「僕もドキドキでしたよ。良太郎としても10年経って成長しているはずで、演じ方も立ち位置も変わってくるので、どう落とし込んでいくかというのは悩みました」と、佐藤健さん出演パートのアフレコに際しての苦労を明かしつつ、「健くんの声自体も落ち着いた感じになっていたし、10年前の良太郎は僕たちが完全に人格を乗っ取って好き勝手やってましたけど、その彼が10年経って成長したということで、溶け合うというか健くんの芝居に寄せてやりました。最初の本番のときには通常のままでやったんですが、そうすると健くんの表情とまた違う部分が出てくるかもしれないと思って、今の良太郎に寄せてやってみましょうかと提案させて頂いたものが今回の映画で使われています」と、今回の映画で重要なシーンとなった佐藤健さん出演パート完成までの経緯を明かし、会場のお客さんたちは納得したように大きく頷いていた。

一方、そのU良太郎との掛け合いを演じた関さんは「すごく感慨深いものがありました。(小林)靖子さんがテレビシリーズの最終回で書いた『いつかの未来で…』は本当に名台詞で、今回の映画のアフレコをしながら最終回のあのシーンがフラッシュバックしました。まさにその未来が実現しただなと思っています」と、テレビシリーズの最終回と今回の映画との繋がりを感慨深げにコメントし、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

いつか、またどこかで


イベントの終盤では今回のイベントに登壇が叶わなかった『電王』のキャストから寄せられたコメントも紹介された。

キンタロス役のてらそままさきさんは「電王を長きにわたり愛してくださり心より感謝申し上げます。みんなの熱いハートに俺が泣いた!!」と、キンタロスの決め台詞に絡めてファンへの感謝を伝え、リュウタロス役の鈴村健一さんは「佐藤健くんがモニターに映し出された瞬間に一気に当時のアフレコのことを思い出して鳥肌がたちました。そんな作品に自分も参加していたんだなと改めて確信して、胸が熱くなりました。もう一度大きな声でいいます! 『電王大好きだけどいいよね! 答えは聞いてない!!』」と、リュウタロスの決め台詞にかけて作品への愛を伝えた。
またデンライナーのオーナー役の石丸謙二郎さんは「デンライナーは未来永劫走り続けます。いつか、またどこかで…」と、ファンに向けてのコメントを寄せ、会場からは大きな拍手が送られた。

イベントの最後に、『仮面ライダー電王』がどういう存在なのか尋ねられた武部プロデューサーは「10年やっていると、こういう変わった作品も生まれるんだなぁというのが率直な感想。モモタロスが登場するときには『着ぐるみが喋ったら子供っぽいし、大人のファンは引くよね』なんて言っていたのに、まさかこんな大きなお姉さん方が熱狂してくれて、声優イベントをやるとは夢にも思っていなかった。11年経ってこんな場を設けられるのはうれしいし、何かもうちょっと大きなことをやってもいいんじゃないかと思うので、白倉さんの横でときどきささやいてみたいと思います」と締めくくって、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。

映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は、絶賛上映中。

キャストコメント全文

オーナー役 石丸譲二郎さん

1.今回の出演オファーを聞いた率直な感想
デンライナーが、いつも迎えに来るような気がして常々準備しておりました。
今回出演オファーを頂いて、「ヨシ! 来たな!」と奮い立ちました。
2.『仮面ライダー電王』に戻り、懐かしいメンバーとの再会・共演についての感想
まったく当時と変わらず、新たなアイデアが溢れ出てきました。彼らと久々に男らしい手を交わし、とても濃密な楽しいひとときを過ごしました。
3.ファンの皆様へのメッセージ
デンライナーは未来永劫走り続けます。いつか、またどこかで…。

キンタロス役 てらそままさきさん

1.今回の出演オファーを聞いた率直な感想
流石! 白倉・武部両プロデューサー! 平成ラストに持ってきたか!!
2.『仮面ライダー電王』に戻り、懐かしいメンバーとの再会・共演についての感想
山口(恭平)監督はTVシリーズ時は助監督でしたが、平成仮面ライダー締めの大役を担われました。一緒に作品づくりに携わったものとして喜びを禁じ得ません。
みんなで故郷に帰って来て笑顔溢れる収録現場でした。
3.ファンの皆様へのメッセージ
電王を長きにわたり愛してくださり心より感謝申し上げます。
みんなの熱いハートに俺が泣いた!!

リュウタロス役 鈴村健一さん

1.今回の出演オファーを聞いた率直な感想
仮面ライダージオウのことは知っていたので、「いつ呼んでもらえるかなあ?」と楽しみにしていました。でも、「この前4タロスの中、僕だけ呼ばれなかったこともあったしなあ…」とも思っていたので、今回出演できた嬉しさは過去最大級です(笑)
2.『仮面ライダー電王』に戻り、懐かしいメンバーとの再会・共演についての感想
電王に関しては何故か懐かしいという感覚があまりないと感じていたんです。4タロスの皆さんとも現場で会いますし、なんともいえない現役感が自分の中であったんです。でも今回はアフレコしていて、佐藤健くんがモニターに映し出された瞬間に一気に当時のアフレコのことを思い出して鳥肌がたちました。間違いなく時が経ったと実感しましたし、それと同時になんだか誇らしくなりました。11年経って、また戻ってくることの出来る電王という作品の素晴らしさ。そして、きっとこの登場シーンは誰もが驚くし、喜んでくれると感じたんです。
そんな作品に自分も参加していたんだなと改めて確信して、胸が熱くなりました。
もう一度大きな声でいいます!
「電王大好きだけどいいよね! 答えは聞いてない!!」
3.ファンの皆様へのメッセージ
電王ナイトに参加できないのが残念ですが、想いはそちらに飛ばしております。皆さんの夜がステキな時間になりますように。

(写真・取材・文:いぢま)

関連記事

佐藤健のサプライズ出演以外も見どころ満載!「平ジェネFOREVER」は今劇場で見ないと100%後悔する
平成仮面ライダーとは“謎の概念”!?『仮面ライダージオウ』白倉P&武部Pに篠宮暁が直撃!
『ジオウ』『ビルド』4人でクリスマスパーティー&王様ゲーム!平成最後の仮面ライダー映画を振り返る
お姉さんキャラな高田夏帆さんが大好き!「平ジェネ FOREVER」大幡しえりインタビュー
祝え!『平成ジェネレーションズ FOREVER』の公開を!初日舞台挨拶超詳細レポート


    ライタープロフィール

    いぢま (井嶋輝文)

    いぢま (井嶋輝文)

    静岡県浜松市出身、東京都在住。フリーランスシステムエンジニア、ブロガー、ライター、などの肩書きを持つ仮面ライダー大好きオジさん。初めて映画館で観た映画『スターウォーズ』に衝撃を受け、以来SF映画や特撮映画、アクション映画を中心に映画好きになる。但し、恋愛映画とホラー映画はちょっと苦手。個人ブログ『Knowledge Colors』では映画以外の話題も発信中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com