LiLiCoが北村一輝に猛アタック!『猫侍 南の島へ行く』公開初日舞台挨拶

白猫2匹が夢の(?)共演!

DSC06911_1200
舞台挨拶後半では、そのかわいらしさが作品の魅力のひとつにもなっている玉之丞役のあなごがトレーナーのまゆみさんと登場。まゆみさんは、撮影裏話がパンフレットに掲載されるほど、あなごのことを知り尽くした方なんです。

北村さんとあなごの関係はプロのトレーナーから見てどうだったかと質問されると「ベスットマッチングです。現場に入った当日から、ふたりの関係は密な感じでした」とまゆみさん。
北村さんの腕の中でリラックスしているあなごの姿を、出演者たちが温かく見守る中、まゆみさんも「映像になっているものは作られたものではなく、リアルですから。今の姿、このままです」とふたりの良い関係がスクリーンに映し出されていることを絶賛していました。

また、マスコミの撮影タイムには、さらにゲストが登場!
ロケ地にもなった「ワンダーランド日光江戸村」のマスコット・ニャンまげが撮影に参加します。
動物時代劇というジャンルにぴったりのキャラクターが宣伝武将として登場し、会場も盛り上がります。
ファンにはたまらない、武士の衣装に身を包んだニャンまげとあなごの共演が叶った瞬間になりました。

LiLiCoさんが大胆発言…!

DSC06917_1200
登場してからずっと、おとなしく抱かれているあなごと北村さんのラブラブっぷりにLiLiCoさんは「自分がヒロインを務める映画の初日ですよね? この気分はなんだろう…」とライバル心をむき出しに。
MCが「なんで焼きもち焼かされなきゃいけないんだろう、と(笑)」とLiLiCoさんの気持ちを代弁すると、「あとで…抱いて」と北村さんに向かってこぼすLiLiCoさん。
その発言に、会場はこの日一番の爆笑に包まれました。

また、パート3があるなら「いろんな国に行きたいかな」という北村さんに、MCがLiLiCoさんの出身地であるスウェーデンをおすすめすると、「両親がいるので、すぐに挨拶が出来ます」と小声でLiLiCoさん。
それを聞いた北村さんは「で?」と、ついにLiLiCoさんからの猛アタックを跳ね返し、笑いを誘っていました。

DSC06948_1200
そして、イベントの最後は北村さんからの挨拶で締めくくられます。
「監督がまずあやまっておけ、と(笑)。本当にすみませんでした。どの言葉を使って反省したらいいか…。ゆるさっていうのがなくなってきてる世の中で、こんな隙のある家族で観られる映画なので、許す気持ちで観ていただきたい。失敗してるところやゆるいところがたくさんありますが、最後の最後まで、みなさんに楽しんでもらえるように作りました。いきあたりばったりの映画ですが、ぜひ応援してください。家族や身近な人に勧めて、そして僕の代わりに謝っていただきたいです(笑)」

史上稀に見る、ゆるさ全開のトークが印象的な舞台挨拶となっていました。
『猫侍 南の島へ行く』は全国ロードショー中です。

(文・写真:大谷和美)

公式サイト http://nekozamurai.info/


    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com