武田鉄矢の初主演映画『俺たちの交響楽』初DVD化!

■「キネマニア共和国」

海援隊として歌の活動のみならず、『幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ』(77)で映画デビューし、TV『3年B組金八先生』シリーズ(79~11)や映画『刑事物語』シリーズ(82~87)で俳優としても大いに飛躍し、今やベテラン・エンターテイナーの貫録に満ちた大スター、武田鉄矢ではありますが……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.80》

このたび、ようやく彼の初主演映画『俺たちの交響楽』(79)がDVD化されました!

俺たちの交響楽
(C) 1979 松竹株式会社

川崎で『第九』を歌うべく集った
若者たちの青春群像映画

俺たちの交響楽
(C) 1979 松竹株式会社

『俺たちの交響楽』は、1970年代末の川崎を舞台に、クリスマス・イヴに『第九』を歌おうと励む合唱団の若き面々の青春群像を描いたヒューマン音楽映画で、これまで『男はつらいよ』シリーズをはじめ、数々の山田洋次監督作品の脚本を手がけてきた朝間義隆の初監督作品でもあります。

山田作品『幸福の黄色いハンカチ』で映画デビューを果たし、俳優としてブレイクしたばかりの武田鉄矢は、『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』(78)に助演した、後、これで記念すべき映画初主演を果たし、この直後の同年秋に『3年B組金八先生』に主演することになるのです。

物語は、川崎で工員を務める新田徳次郎(武田鉄矢)は、街角で「ベートーベンの『第九』を歌いましょう!」と勧誘活動をしていた京子(友里千賀子)をナンパしてやれといった冷やかし半分の気持ちで、先輩の安男(伊東達広)や後輩の保(永島敏行)を伴い、エゴラド合唱団に入団します。

しかし合唱の指導は厳しく、おまけに京子が団長の勝彦(山本圭)に惹かれていることを知った徳次郎は、幾度も団を抜けようとしますが、京子が勝彦と衝突して故郷の信州へ帰ったことを知った彼は……。

本作のモデルとなったのは川崎労音合唱団「エゴラド」で、クライマックスの『第九』合唱シーンは、同合唱団を招いての大迫力で迫りくるものがあります。

(指揮は本作の音楽も担当している外山雄三。演奏は日本フィルハーモニー交響楽団)

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com