その 新作『ARIA』を見る前に伝えたいこと・・・

ATA_B2_logo_print2

9月26日から公開されるアニメーション映画『ARIA The AVVEIRE』の前売券が、現在好評発売中ですが、これはアニメ・ファンのみならず広く一般の映画ファン、特に女性に見てほしい作品です。
この映画を世に打ち出すきっかけとなったTVシリーズ『ARIA』に触れたことのある人ならば、おそらくはほとんど賛同してくれるものと確信しています。

その TVシリーズ『ARIA』とは…

そもそもTVアニメーション『ARIA』とは、天野こずえのコミックを原作としたもので、2005年に第1期『ARIA The ANIMATION』(全13話)2006年に『ARIA The NATURAL』(全26話)、2007年にOVA『ARIA The OVA~ARIETTA~』(全1話)、2008年に第3期『ARIA The ORIGINATION』(全13話)が製作されています。

時は未来、舞台となるのは、テラフォーミングされて水の惑星と化した火星=アクア。ここにはイタリアのヴェネツィイアを模した観光都市ネオ・ヴェネツィアが築かれ、その水路を進む観光用のゴンドラを漕ぐ水先案内人“ウンディーネ”をめざす少女たちの物語。そう、一見日常のドラマを描いているようでいて、その実『ARIA』は未来SF作品なのです。

この作品の特徴は、いわゆるドラマティックな出来事がほとんど描かれないことで、淡々とした日常の営みが心地よく奏でられていきます。夏の暑い日、自分ルールで影踏みしながら歩き続けるという、たったそれだけの話もあれば、旅行中に海で失くしたものが最後、海岸に打ち上げられていて涙するといった、本当に些細な、しかし繊細な優しさにあふれるエピソードばかりなのです。

敵も悪人も出てきません。それどころがほとんどの登場人物が、慈愛豊かにウンディーネをめざすヒロイン少女たちを見つめ続け、その眼差しに助けられながら、彼女たちは少しずつ成長していきます。そんな現実にはありえない、しかしある意味では理想的世界がネオ・ヴェネツィアであり、だからこそ視聴者は、とかくストレスのたまりがちな日常から、しばし夢の世界へと入り込み、癒されていくのでした。
これがアニメ・ファンのみならず、OLなど若い女性たちからも支持された所以です。


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事