旭堂南湖「大河ドラマに不安」とは?『映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-』初日舞台挨拶

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年11月21日(土)、新宿武蔵野館で『映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-』公開初日舞台挨拶が行われ、主演の講談師・旭堂南湖さんと勝呂佳正監督が登壇しました。

講談師・旭堂南湖が語りつくす真田幸村の物語

戦国武将の中でも屈指の人気を誇り、数々の映画やドラマ、小説、マンガに登場している真田幸村。『映画 講談・難波戦記 -真田幸村 紅蓮の猛将-』は、この幸村の人気の原点ともいわれる豊臣VS徳川の最終決戦「大阪の陣」を舞台にした講談「難波戦記」を講談師・旭堂南湖さんが語りつくす映像作品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日、わざわざ大阪からやってきたという旭堂南湖さん。「大阪のほうでは講談師として評判でございますが(笑)」と冗談交じりの自己紹介で観客を笑わせました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一方、「今日、本当にお客さんが来てくれるのか心配で、朝、家を出てから足が重たかった」と語った勝呂佳正監督。しかし、南湖さんの「足が重いというわりにえらいおしゃれしてますね(笑)」という突っこみでまたも笑いが起き、会場は和やかなムードに包まれました。

特別ミニ講談!大阪の陣・冬合戦のエピソードを披露

nanba-official1121-sub

この日の舞台挨拶では、特別に旭堂南湖さんによるミニ講談が行われました。

真田幸村が大阪城へ入城した後の冬合戦の間の一つのエピソードを披露した南湖さん。滑らかかつダイナミックな語り口に冗談をあれこれ挟みつつ、観客を引き込みました。


    ライタープロフィール

    田下愛

    田下愛

    フリーランス・ライター。雑誌、書籍、Webメディアで、幅広いジャンルの仕事をこなして活動中。ファンタジー映画が大好物で、『オズの魔法使い』『ナルニア国物語』『アリス・イン・ワンダーランド』など、魔法やおとぎの国を扱った作品にはすぐ飛びついてしまいますが、一方、『レインマン』のような人間をきっちり描いたドラマも好き。石ノ森章太郎先生をリスペクトする昭和特撮フリークでもあります。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com