「トリガール!」バケたぞ!!土屋太鳳!!

■「役に立たない映画の話」

トリガール! ポスター

(C)2017「トリガール!」製作委員会

健康的な優等生の仮面を捨てて・・・。

女の後輩 なんですか「バケたぞ!!」って。まるで土屋太鳳ちゃんのオバケが出たみたいじゃないですか。お盆も近いし。

先輩 いやもー、大バケだよ。素晴らしい演技だった。「トリガール!」の土屋太鳳は。

女の後輩 ずっと彼女のことをひいきしてましたよね。「兄に愛されすぎて困ってます。」の時も、「真面目に頑張っているんだから、応援しなくては」と言ってた記憶があります。

先輩 そうだよ。土屋太鳳って女優さんは、本当に真面目に演技をして、手抜きがない。どんな役でも全力投球する。それでいながら「わたし、頑張ってます!!」という押しつけがましさがない。これだったら誰でも応援したくなるってもんだろ。

女の後輩 でも、このところ恋する女子高生役ばかりで、「るろうに剣心・京都大火篇」で見せた、あの豪快なアクションが見られないのは不満とも言ってましたよね。

先輩 そうなんだ。確かに恋する女子高生の役はピッタリだと思うけど、さすがに飽きてきた。

女の後輩 そこへ「トリガール!」が来た、と。

トリガール! メイン

(C)2017「トリガール!」製作委員会

先輩 今までの土屋太鳳は、とても優等生的な役柄が多かったわけだな。それもひたすら真面目に相手を思ったり・・。

女の後輩 実の兄を好きになったり。それは分かるんですが、いつから土屋太鳳ちゃんは、「健康的な優等生」イメージになったんでしょうねえ?

先輩 そういうイメージってぇのは、映画1本で固まるものじゃなくて、そういう役どころが続いたから、それが積もってつてことが多いと思うぞ。最初はTVの「鈴木先生」で、ミステリアスな美少女だったわけだし。

女の後輩 その後でしたっけ? ウルトラマンの映画やったの?

先輩 そうそう。「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」な。あれでエメラナ姫という、星のお姫様役をやったんだ。アベユーイチ監督の。

女の後輩 なんでそれだけ、監督の名前を言うんですか?

先輩 いや、まあ知り合いで・・(笑)。

女の後輩 それとテレビドラマでもNHKが多かったから、そういうイメージになったのかなあ?

トリガール! サブ3

(C)2017「トリガール!」製作委員会

「思ったことをすぐ口に出す、毒舌キャラ」への挑戦?

先輩 あのねえ、これまでの土屋太鳳がなんで優等生的なイメージが強いのかを考えるよりも、逆に「トリガール!」の土屋太鳳が、なぜこれまでの彼女よりも、一皮剥けたように感じるのか、そっちを考えるほうがよくないか?

女の後輩 それもそうですね。なんでですか?

先輩 「トリガール!」の主人公ゆきなの特徴は、「思ったことを、すぐ口にする」ってこと。ファーストシーンからして、バスの中で眼鏡男子学生たちに囲まれて、「メガネ! メガネ!! 眼鏡市場かっ!!」と、ひとり慌てふためいたり。

トリガール! サブ2

(C)2017「トリガール!」製作委員会

女の後輩 そういえば、これまで太鳳ちゃんの役柄にはなかったですね。何か思うことがあっても、じっとこらえたり口に出さないタイプが多かった。

先輩 あのファーストシーンを見た時、「この映画の土屋太鳳は、イケるぞ!!」と思ったね、おれは。それと同時に、けっこう毒舌な発言をしながら、動き回ることだな。何せ現役女子体育大生だから、動きはダイナミックだ。

女の後輩 なるほど。口八丁手八丁ってわけですか。

先輩 またそういうキャラを、英勉監督のコメディ演出がうまく盛り上げている。この監督は本当にこういう作品、巧いよね。

女の後輩 周囲のキャラたちも、二枚目あり、おたく風ありと、けっこう個性派揃いですし。

先輩 そういう連中とのやりとりが笑いを誘う。特にクライマックスで「鳥人間コンテスト」に出場して、伝説のパイロットと一緒に人力飛行機をこぎながら、空を飛ぶシーンでのやりとりは爆笑必至。とにかく毒舌で意味なく強気なゆきなを、土屋太鳳が「この娘、本当はこういうキャラだったの?」と思えるほどのハマり具合で演じている。

女の後輩 今までの優等生キャラは、すべて演技だったのね!?って(笑)。

先輩 そら演技だわな(笑)。

トリガール! サブ6

(C)2017「トリガール!」製作委員会

ハリウッドでは、コメディが出来る女優は一流と見なされる。

先輩 それにしても、なんでおれたちはこんなに土屋太鳳ちゃんのことを気にしているんだろうか?

女の後輩 頑張っているからでしょうね。今、若い女優さんがたくさん出てきているけれど、その中では運動神経の良さといい、親しみやすさといい、やっぱり有望ですよ。これからどういう女優さんになるか、楽しみじゃないですか。

先輩 運動神経が良いってぇのは、ポイント高いよね。とにかく動く。それが出来るということは、アクションもさることながら、コメディも出来るということ。それは「トリガール!」で証明された。

女の後輩 ハリウッドなんかでは、一流の女優ってコメディが出来ることが条件ですよね。

先輩 そうそう。シャーリー・マクレーンとかメグ・ライアンとかね。それだけ観客を笑わせることは難しいんだよ。しかも女性としてキュートでなくてはならないし、運動神経の良さも求められる。

女の後輩 そうなると、彼女は将来有望ですね。女学生役を卒業して、これからはコメディエンヌの道を歩んでもらいたいものです。

先輩 その一方で、本格的なラブ・ストーリーで女っぽいとこも見せて欲しい気もするし、やはり「るろうに剣心・京都大火篇」で見せた豪快なアクションを、さらにパワーアップして見せて欲しいな。

女の後輩 色んな可能性がある女優さんですよね。

先輩 「トリガール!」は、ひたすら土屋太鳳を見るための映画だと断言してしまえ、この際(笑)。彼女のフィルモグラフィの分岐点になるであろう作品だから、ファンはぜひ見て欲しいものだ。

女の後輩 なんか・・配給会社のプレスリリースみたいなまとめになっていますけど(笑)。

先輩 まあたまには良いではないか。次は分からないけど(笑)。

■「役に立たない映画の話」をもっと読みたい方は、こちら

(企画・文:斉藤守彦)

関連記事

土屋太鳳が映画で演じた全「女子高生」!
土屋太鳳、超毒づくJD姿を初披露『トリガール!』特報
土屋太鳳らのコメント到着!映画『トリガール!』がクランクアップ
土屋太鳳主演『トリガール!』本ビジュアル&新場面写真、解禁!
土屋太鳳、ぶっ飛び!!映画『トリガール!』予告解禁。主題歌は、ねごと


    ライタープロフィール

    斉藤守彦

    斉藤守彦

    斉藤守彦(さいとうもりひこ) Morihiko Saitoh 静岡県浜松市出身。映画館、ビデオ会社でのアルバイトを経て、映画業界紙「東京通信」記者 (後に編集長)に。1996年からフリーの映画ジャーナリスト/アナリストとなり、以後多数の劇場用パンフレット、「キネマ旬報」「HiVi」「ザテレビジョン」「日経エンタテインメント!」「宇宙船」「スターログ日本版」「INVITATION」「東京カレンダー」「アニメ!アニメ!」「フィナンシャル・ジャパン」「Pen」などの雑誌・ウェブメディアに寄稿。2007年秋に「日本映画、崩壊 -邦画バブルはこうして終わる-」を、08 年「宮崎アニメは、なぜ当たる -スピルバーグを超えた理由-」、09 年「映画館の入場料金は、なぜ1800円なのか?」、 10 年に「『踊る大捜査線』は日本映画の何を変えたのか」(共著) を上梓。 他の著書に「図解でわかるコンテンツ・ビジネス」1〜4(共著)、「ソノラマ MOOK/ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」(構成・執筆) 、電子書籍「日本映画、飛躍と困惑の過去・現在・未来」等があり、ここ数年は「映画宣伝ミラクルワールド」「80年代映画館物語」と、独自の視点による書籍を執筆。2016年3月には新作「映画を知るための教科書 1912−1979」が世に出る。現在、水道橋博士編集長のメールマガジン「メルマ旬報」で「2016年映画館物語」を連載中。また「BOOKSTAND映画部!」で、「映画を待つ間に読んだ、映画の本」と「映画惹句は、言葉のサラダ」の2つの連載を行っている。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com