『約束』『旅の重さ』と、斎藤耕一監督の70年代を代表する名作が続々BD化!

■「キネマニア共和国」

1970年代初頭、『男と女』などのフランスの映像詩人になぞらえて“日本のクロード・ルルーシュ”と呼ばれた映画作家・斎藤耕一監督。そして今……。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.75》

斎藤監督の代表作が続々とブルーレイ化されてきています!

約束
(C) 1972 松竹株式会社

たった3日間の男女の激しい愛を描いた
岸恵子&ショーケン主演の『約束』

斎藤耕一監督は1929年2月3日生まれ。スチルカメラマンとして映画界入りし、太泉映画(後の東映)、日活と数々の映画のスチル写真を撮り続け、67年に『囁きのジョー』で監督デビューを果たします。

68年からは松竹で『小さなスナック』(68)『落ち葉とくちづけ』(69)といった歌謡映画や松本清張原作のサスペンス『内海の輪』(71)を撮り、そして72年の春に発表した作品が『約束』でした。

『約束』は66年の韓国映画『晩秋』を原案にした作品で、服役中の模範囚・螢子が母親の墓参りを特別に許され、看視官付きで列車に乗り込んだところ、一見軽薄そうな青年・中原からしつこくつきまとわるものの、やがて彼の純粋さを知り……という、たった3日間の短くも燃えあがる愛の情熱を描いたものです。

螢子には名優・岸惠子、そして中原には本作の好演で映画スターとしての地位を築きあげていくことになる萩原健一が扮しています。

劇中の主な登場人物はこのふたりだけで、オールロケで日本海沿いを北上しながら、坂本典隆の流麗なキャメラ・ワークが、冒頭にも述べたクロード・ルルーシュ監督作品を彷彿させる見事な映像美を構築し、ふたりの心情に寄り添っていきます。

音楽を『宇宙戦艦ヤマト』でおなじみ宮川泰が担当しており、叙情性豊かなロマンティシズムな調べを披露しています。

高度経済成長期から取り残されたかのような、当時の寂れた風景の中、ワケありな女と年下の男の恋の行方の果てにかわされた“約束”と、その顛末はぜひご覧になっていただければと思いますが、日本映画にもこんなラブストーリーがあったのかと、今の若い世代などの目には驚嘆しつつも新鮮に映えるのではないでしょうか。

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 約束 [Blu-ray]

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com