「闇金ドッグス4」初日舞台挨拶はギャップ満載!?闇金映画とは思えない展開に…!

dsc02120_1200

12月10日(土)、シネマート新宿にて映画「闇金ドッグス4」の初日舞台挨拶がおこなわれ、主演の山田裕貴さん他6名が登場しました。

今作は、ヤンキーアクション映画「ガチバン」シリーズのスピンオフとして制作されたシリーズで、若くして親分となったものの手下のためにヤクザから足を洗い、闇金となった安藤忠臣(山田裕貴)を主役に裏社会を描いた作品。「闇金ドッグス3」の主役で、元ホストから安藤の元で働くこととなった須藤司(青木玄徳)もバディとして登場し、R-15指定となるほどの激しい内容となっています。

dsc02182_1200(左から、ジェントル、青木玄徳、山田裕貴、升毅、高橋ユウ、元木隆史監督)

劇中と違いすぎる山田裕貴の姿があらわに…

シリーズ4作目ということで、会場に訪れたファンはこれまでの作品も観ていたという人もたくさんいて、「シリーズを通して見てもらえるということは、僕の成長も役の成長も見てもらえるので、すごく嬉しいです」と山田さん。

主役の安藤が初登場した『ガチバン ULTRA MAX』も撮った元木監督との再タッグということで、久々の再会について尋ねられた山田さんは「安藤忠臣の生みの親みたいな感じで」と話すと、すかさず元木監督が「母です」とコメント。

しかし、そのボケ(?)をスルーして「今回また一緒にやれるのが嬉しかったです」と話を続ける山田さんに、「だいたい流すよね、俺の話」と監督がツッコミを入れ、キャストからも笑いが。

「うまく拾えなくてゴメンなさい…。母です。いや父です」と改めて紹介しますが、ステージ上にはスベった空気が…。「これはまずいな…」と話しながらも、初日に「また安藤忠臣を撮れるのが嬉しい」と監督に言われて身が引き締まったというエピソードを披露していました。

dsc02085_1200

また、安藤のヤクザ時代の兄貴分である豊田を演じる升さんとは、2度目の共演という山田さん。

今回の「コワモテのイメージがありますが、本当に気さくな方で現場もすごく和ませてくれて。お芝居の中の会話でもすごく刺激を頂いて、自分から生まれるものもあったし、現場に長く居られるコツを学んだ気がします。今回がっつりやらせて頂いてうれしかったです」と話すと、升さんから「100点!」の声が。

会場からも拍手が起き「よかった〜!100点!」と笑顔を見せると、共演者からは「(喜ぶ姿が)赤ちゃんみたい(笑)!」とシリアスな劇中とは180度違う、愛されキャラな一面を垣間見られる瞬間も。

今作のストーリーにも話が及び、「ひどい男がいるんですよ〜」と話す山田さんに、「な〜に〜!やっちまったなぁ!」と芸人のマネでひどい男を演じたジェントルさんがのっかると、またもスルーして話を続けて、ジェントルさん自ら「あ、僕のことは流してください」と自虐。青木さんにも「大変なことになりましたね」と言われてしまい、タジタジの山田さんは「作品の中ではこんなにオドオドしてないので安心して観てください」と苦笑していました。

dsc02101_1200

MCが「青木くんは毎回バディを組んでいる感じですけど」と話題を変えると「毎回バディを組んでるのに、今、目が合った瞬間お辞儀しましたからね(笑)。どういうことやねん!もう慣れたでしょ」と青木さんもいじりモードに。

それに対して、山田さんは「慣れたけど、今回は逆に会話が少なくなったかも。それでも現場で自然とセリフが出てきて、やりとりをしてる中で『あ、バディだ!』と。長く続けてきていい点だなと思いました」と話すと、「僕はボケる気はないですよ」と笑いながら、青木さんも「アドリブなんかもすごく出せるようになってきて、2人のバディ感というか、やりやすくて楽しかったですね」とシリーズを重ねた仲を感じさせていました。

dsc02056_1000

元木監督とは初めての作品になる青木さんは「須藤にさらに闇金業者の色をつけてくれたなと。4、5でだいぶ違ってますよ」とキャラクターの成長も語ります。

対して「僕も『闇金ドッグス』は初めてだったので。須藤司はもっと狡猾な感じなのかなと思っていたけど、バディ感も落ち着いていて、非常によく動いていただいたので、4、5では非常に闇金の感じをつかんでいるなと思いました」と監督も返していました。

    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.10 エムエム総研 萩原張広社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • はな
    • TSURUTA MAKOTO
    • 生熊友博
    • 大谷和美
    • 増當竜也

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo