今回は5つのオムニバス仕立て『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』

■「キネマニア共和国」

2015年度の正月映画として興収78億円を計上し、まさに妖怪的大ヒットを記録した『映画妖怪ウォッチ』の第2作が堂々完成しました。

《キネマニア共和国~レインボー通りの映画街~vol.82》

お子さんたちお待ちかねの『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」です!

妖怪ウォッチ2_タイトルロゴ
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

今回は子どもたちに
より優しく楽しめる作り

YW2_key_B1pos_1019_Layer_ol
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

今回の作品は、まずサブタイトルに偽りなく、5つのオムニバス形式で構成されていることで、これにより1本1本の時間が短くすむことで、小さいお子さんたちが飽きずに見ていられる配慮がなされているように思われます。

また、ひとつひとつのお話も、最初のエピソードは主人公ケータが何と妖怪になってしまうお話で、本来ならこれだけで長編映画を作っていいのではないかといった内容です。
WEB用_妖怪ウォッチ2_サブ03(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

2番目のエピソードは、8年後の世界を舞台に、ごぞんじジバニャンが生きていたころの飼い主エミがデザイナーの卵として失敗を重ねながらも(その失敗が誰のせいかは言わずもがな!?)成長していくという、まさかの青春ストーリー。
WEB用_妖怪ウォッチ2_サブ02(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

ここでは長澤まさみがエミの声を担当していますが、彼女はこれまでにも映画『コクリコ坂から』やゲーム『ニノ国』など声の仕事をこなしてきているので、今回も微笑ましく聞いていられます……。

さらに4番目のエピソードでは全方位ヲタク少女の新キャラ、イナホちゃんが登場するなど、さまざまな趣向を凝らしながら、一見つながりのないエピソードが4つ連なっていきます。
WEB用_妖怪ウォッチ2_サブ04(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2015

そして、最後のエピソードでそれらはすべてひとつの物語として融合されてのクライマックスとなっていきます。

そのカギを握るのは、イケメン少年の風貌が、おじさんたちには時代の流れを痛感させる(⁉)エンマ大王。

それこそ、先ごろ亡くなった水木しげるの妖怪ワールドから、こういう風に日本の妖怪たちは発展しているのかとうならされながら、大人も楽しく見ていられることでしょう。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com