「すこーし愛して、ながーく愛して」あげたい大原麗子

■「キネマニア共和国」

写真家『早田雄二』が撮影した銀幕のスターたち vol.5

現在、昭和を代表する名カメラマン早田雄二氏(16~95)が撮り続けてきた銀幕スターたちの写真の数々が本サイトに『特集 写真家・早田雄二』として掲載されています。

日々、国内外のスターなどを撮影し、特に女優陣から絶大なる信頼を得ていた早田氏の素晴らしきフォト・ワールドとリンクしながら、ここでは彼が撮り続けたスターたちの経歴や魅力などを振り返ってみたいと思います。

「すこーし愛して、ながーく愛して」あげたい
大原麗子

大原麗子

1980年代、「すこし愛して、ながーく愛して」と、ちょっとかすれた独特の甘い声で大原麗子がささやくサントリーレッド・ウィスキーのCMに魅せられた方は多いと思われますが、そんな彼女が後に孤独死を遂げるとは、当時は誰も思いもよりませんでした。
では実際、彼女は女優としてどのように歩んでいったのでしょうか?

勝気なおてんば娘から
しっとりした和風美女への成長

大原麗子は1946年11月13日、東京市小石川区に生まれ、62年に中尾ミエ主演の『夢であいましょ』に端役で映画初出演。64年の高校卒業後、NHK新人オーディションに受かって同年のNHKドラマ『幸福試験』でドラマデビューしました。
翌65年、東映に入社し、同年の『孤独の賭け』で本格的に映画デビューし、以後『夜の悪女』(65)『夜の牝犬』(66)『赤い夜光虫』(66)といった夜の歓楽街ものに出演し続ける一方、66年秋からTBS朝の若者向けワイドショー『ヤング720』の司会の一人を務めて、お茶の間でも親しまれるようになり、その年の製作者協会新人賞を受賞しています。

東映時代の彼女は、当時の男性的プログラムピクチュア路線の中で突出するほどではありませんでしたが、愛くるしくも勝気なキャラクターは高倉健主演の『網走番外地 北海篇』(66)『荒野の対決』(66)など“網走番外地”シリーズや『柳ケ瀬ブルース』(67)『不良番長』(67)などで活かされていたように思われます。
70年には『三匹の牝蜂』で主演の一人に抜擢され、同時に大映『座頭市あばれ火祭り』で勝新太郎と、日活『大幹部ケリをつけろ』で渡哲也と、他社の看板シリーズにも出演しました。

71年に渡辺企画に移籍してからはテレビドラマ出演が増えていき、72年度テレビ大賞優秀タレント賞を受賞。やがて勝気な娘役からしっとりとした和風美人といったイメージで多くのファンを獲得し、テレビ局が選ぶ好感度タレント1位の座を何と14回も獲得するほどの圧倒的人気を得るようになりました。

『雑居時代』(73~74)や『忍ぶ橋』(75)『気まぐれ天使』(76)『あにき』(77/高倉健初のドラマ出演)など、この時期の彼女の出演ドラマは70年代世代にとって伝説といっても過言ではないでしょう。『東芝日曜劇場』の出演に至っては、80年代に入るとレギュラーのように本数も激増します。

77年、久々の映画『獄門島』に出演。ここで市川崑監督と出会ったことが、その後の彼女の女優人生を大きく変えていきます。
78年には深作欣二監督の時代劇大作『柳生一族の陰謀』、市川監督との二度目の邂逅『火の鳥』、『男はつらいよ 噂の寅次郎』では22代目マドンナを務めるなど順調に映画のキャリアを進めていきました。

そして80年から、先にも述べたサントリーレッドのCMがおよそ10年にわたって始まりますが、演出は市川崑監督であり、その和風情緒から醸し出される大原麗子のおきゃんな魅力は男性女性を問わず虜にしていきました。

■「キネマニア共和国」の連載をもっと読みたい方は、こちら


    ライタープロフィール

    増當竜也

    増當竜也

    増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画新作すべてのレビューをめざす『戯画日誌』、『衛星劇場プログラムガイド』誌に、毎月オンエアされる松竹映画名作群の見どころなどを紹介する『シネマde温故知新』を連載中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com