うーん、辛口すぎるかなあ。と思いつつです

マエストロ!
☆☆二つ半。
YAHOOの評価が4点並みなので、むしろ自分が異端児なのかと、心配。

うーん、つまらなかったです。

よかったのは、大石吾朗さん。
駅のシーンは、単純に感動しました。

他は、どうにも、買えないなあ。

演奏シーンのそれらしさは、それなりに評価できますが、演出サイドの「見せ方」に工夫が全くなくて、台無しです。

演奏シーン。特にクライマックスのコンサートが、肝。

肝中の肝なんだから、予算と時間と、アイディアがもっと必要。

役者は総じて大根。
松坂とmiwaの二人だけのシーンは、うー、学芸会かよ。

西田さんの「汚し方」は、違和感しかないです。

最後にピッシリして、OH!!
とはなりません。

クライマックスのピッ知り感、中途半端だね。
指揮は、なかなか頑張ってるだけに、装飾過多。

ラストと、大ラスのバランスも悪いし、コンサートで言えば、どこで拍手すればいいか、わからない演奏ですよ。これじゃあ。

総じて演出の力不足を感じます。

震災のシーンや、病室のシーン。

どっちもキーになるはずなのに、紙芝居なみの力のなさ、稚拙さが、がっかり。

唯一松坂の父役の、音楽家らしさが、(あくまで、らしさ)救い。

感動したかったけどねえ・・・。

    ピックアップ

    新着記事