ピクサー誕生秘話!トイストーリーはスターウォーズから生まれた…!?

動画での説明

今回の記事は、動画で説明を行いつつ文字での補足をして参ります。まずはこちらの動画を是非チェックしてみてください。

ピクサー誕生秘話!

ルーカスフィルムが発端

→1971年にジョージ・ルーカスが設立した映像製作会社
『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ シリーズ』等が有名

1971年:ルーカスフィルムの設立
1975年:ILM(Industrial Light & Magic)を設立
=ルーカスフィルム傘下の特殊効果の制作会社
1977年:『スター・ウォーズ』公開
1979年:ILMに3DCG部門を設立(←ピクサーの前進!)

その頃Appleでは大変なことが

1976年:Apple設立
(byスティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック、ロナルド・ウェイン)
1976〜1983年:色々あった…
1983年:ジョン・スカリーが新CEOに
1984年:初代Macintosh発売
1985年4月:ジョブズ、Macintosh部門から降ろすことが決定
1985年5月:ジョブズ、何の実権も持たない会長職に
1985年9月:ジョブズ、Apple株を売却、NeXT設立、Appleを去る

そしてピクサーへ

1986年
スティーブ・ジョブス、ルーカスフィルムからILM3DCG部門を買収
→「ピクサー」と名付け、CEOに就任する
→当初は映画製作ではなく、グラフィックスソフト開発・販売が主流

1988年
短編映画『Tin Toy』公開
→アカデミー賞短編アニメ賞を受賞
→この成果からディズニーが長編映画制作を持ち掛ける

1995年
『トイ・ストーリー』が公開
→世界初のコンピュータアニメーション長編映画
→ジョン・ラセター監督、アカデミー特別業績賞を授与
→今のコンピュータアニメーションのスタンダードを作る
→『トイ・ストーリー』は今日までに4作品、短編も6作品が公開
→ピクサー長編アニメは今日までに22作品が公開
※『2分の1の魔法』を含む


    ライタープロフィール

    ヤギシタシュウヘイ (柳下修平)

    ヤギシタシュウヘイ (柳下修平)

    シネマズPLUS編集長、1986年生まれ、31歳。個人ブログ「Cinema A La Carte」も運営。幻冬舎女性誌「Ginger」にて映画コラム連載も。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com