天空の蜂

ストーリー

史上最悪の原発テロ発生。 爆薬を積んだ巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間。 1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した。遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。  機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原子力発電所の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された子供の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。燃料が尽きてヘリが墜落するまで、残された時間はたった8時間――姿の見えない敵との緊迫の攻防戦が始まった。 その頃愛知県では、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業本社に、家宅捜索が入っていた。総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に捜査員たちが押し寄せる中、密かに恋人の無事を祈る。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、ある意外な真相へと辿り着いていく――。 事件の裏に隠された驚愕の犯行目的と、隠蔽された真実とは―― 大切なものを守り抜くために、命を懸けたカウントダウンが始まる。

作品紹介

稀代のベストセラー作家・東野圭吾が1995年に発表した小説『天空の蜂』は、最新鋭にして日本最大、全長34mの超巨大ヘリコプターを乗っ取り原子力発電所の真上に静止させるという《原発テロ》事件と、その危機に立ち向かう人々の8時間の攻防を描いたサスペンス巨編。20年に渡って”映像化は絶対不可能”といわれつづけた圧倒的スケールの一大巨編を、『20世紀少年』『SPEC』シリーズを手掛けた日本有数のヒットメーカー、堤幸彦監督が完全映画化!姿なきテロリストと戦う男たちを演じるのは、へり設計士役の江口洋介、原発設計士役の本木雅弘と、日本を代表する実力派俳優の二人!更に、仲間由紀恵、綾野剛をはじめ、柄本明、國村隼、石橋蓮司、向井理、竹中直人ら邦画界を担う豪華キャストが総結集。高度800mの上空で繰り広げられるハラハラドキドキのノンストップ・アクション、大切な人を守るために命を懸ける人々のドラマ、そして事件に隠された衝撃の真実を巡る一級サスペンスが融合した、全日本人の心を揺さぶる壮大なエンターテインメント超大作が今、誕生する!!

ピックアップ

新着記事

言語を選択

私と映画Vol.9 株式会社ビック・ママ 守井嘉朗社長
金曜映画ナビ
八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
能條愛未の「乃木坂週刊映画」
スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
antenna

人気記事ランキング

シネマズ公式ライター

  • つちや ゆみえ
  • 大場ミミコ
  • 夏目幸明
  • とみだ嬢
  • 藤井隆史
  • 茅ヶ崎の竜さん

シネマズ公式チャンネル

教えて goo

情報提供元:教えて goo