女人禁制!50代以上でエロスを語る『赤い玉、』トークイベント

赤い玉、 高橋伴明監督 奥田瑛二 崔洋一

2015年9月7日(月)に、新宿ゴールデン街劇場で映画『赤い玉、』のトークイベントが開催されました。“赤い玉伝説って知ってるか?”と題された、50歳以上の男性限定でお酒を飲みながら「オヤジたちのエロス」について語るというイベントです。
主演の奥田瑛二さんと高橋伴明監督、ふたりと親交の深い崔洋一監督がMCとして登壇。R50のイベントとあって、ディープなトークが展開されました。

“赤い玉”とは男性の生涯最後の射精のあとに出てきて、打ち止めを知らせるといわれているもの。

赤い玉、 高橋伴明 奥田瑛二

映画『赤い玉、』はその赤い玉の時期にさしかかった、大学で映画撮影の教鞭をとっている映画監督の時田(奥田瑛二)と彼の前に現れた女子高生・律子(村上由規乃)を巡る物語。新作の撮影に入れずにいる時田は30代の美しい愛人がいながら、現実の世界から虚構の世界に誘うような律子に惹かれ、人生を狂わされていきます。

合鍵16本!?高橋監督の山手線一周伝説

赤い玉、 高橋伴明監督 奥田瑛二 崔洋一

「ここに来る前に3人で、もちろん一杯やってきたんですけれども」と崔監督。
高橋監督の紹介がてら、1949年生まれの同い年だという監督とのなれそめを語り、「確か僕が19歳のときに出会いまして、金がない私に酒と、のちに女を教えてくれたのが高橋です」と笑いを誘います。

崔監督ももちろん本作を観たということで、観た感想を「現実と虚構を行き交う自由さみたいなものを感じました。僕としては、もっと品がないものになるのかなと思っていたんですが、これが意外や意外で」と話し、「これはほぼ実製作ということでいいのかな?」と質問。

「実製作に、後から2社が製作委員会という形で参加してくれました」と高橋監督が応えると、崔監督は「なんだか優等生ですねぇ。本当は違うんですよ」とニヤニヤ。

自身の知る高橋監督の姿をさらけ出そうとしているような表情を見せつつ、話を続けます。
この3人が共通しているのは、枯れたね、とか品が良くなったね、と言われるのが大っ嫌いなところなんですよ。でも、当然かつて持っていた肉体力とは違ってくるわけで、それがオヤジとエロスになってくるんだけど」と、この映画の描いているものを示します。

「観てて一番感じたのは、エロスの切なさみたいなこと。妄想と現実を行き交うというのは、若い頃からやっていることで、どちらかというと若い頃は妄想の方が勝っているわけで、現実が追いつかないんだよね。でもこれが、ボン(高橋監督の愛称)の場合は違うんだよね。初めて出会ったとき、一番頭にきたことがあって、合鍵が15、6個ついてたんだよ!」と言うと、高橋監督は「違うよ! 8個だよ」と訂正しますが、崔監督は「俺には15、6個に見えたの。さりげにそれをちゃらちゃらと見せるいやらしいところがあるんだよ。『山手線を一周できる』かなんとか言っちゃって本当に嫌なヤツだった」と更に攻めて会場を沸かせます。

    ライタープロフィール

    大谷和美

    大谷和美

    高校2年の時に観た「バトルロワイアルⅡ」に衝撃を受け、映画の道を志すも、縁あって雑誌編集者に。特撮誌、若手俳優グラビア誌等の編集・ライター、WEB編集者を経て、現在はフリーランスで活動中。人間の感情や社会の闇を描いた邦画が好きで、気づけばR指定のDVDばかり借りていることも。一方、元々好きだったライダー・戦隊などの特撮作品やコメディ映画も好んで観ます。他、元上司のバカタール加藤が主催するニコ生番組「崖の上の生放送」に準レギュラーで出演中。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 川口裕樹
    • 片平圭亮
    • 朝井麻由美
    • ゆうせい
    • 木村うい
    • 村松健太郎

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo