暗殺教室やNARUTOも!第19回手塚治虫文化賞マンガ大賞最終候補が決定

第19回手塚治虫文化賞のマンガ大賞最終候補9作品が決定した。

人気・話題の9作品がノミネート

手塚治虫文化賞 マンガ大賞

朝日新聞社が1997年に創設した「手塚治虫文化賞」は、「マンガの神様」として知られる故・手塚治虫氏の業績を記念し、マンガ文化の健全な発展に寄与することを目的としている。

同賞のマンガ大賞は、2014年に発売されたマンガ単行本を審査対象とし、専門家や書店などによる推薦を参考にして、8人の社外選考委員の投票で、上位9作品がノミネート作として選ばれた。

最終候補に残った作品は以下の通り。(作品名五十音順、敬称略)

『逢沢りく』ほしよりこ
『アオイホノオ』島本和彦
『暗殺教室』松井優征
『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
『聲の形』大今良時
『五色の舟』漫画:近藤ようこ 原作:津原泰水
『チェイサー』コージィ城倉
『NARUTO-ナルト-』岸本斉史
『平成うろ覺え草紙』洞田創

昨年、ついに完結した『NARUTO-ナルト』や『このマンガがすごい!2015 オトコ編』第1位に輝いた『聲の形』などがノミネートに顔を揃えた。

最終選考会は、2015年3月25日(水)に開かれ、4月初めまでに朝日新聞紙上で結果が発表される。その後、5月22日(金)に東京・築地の浜離宮朝日ホールで表彰式を開かれる予定だ。

手塚治虫文化賞HP

手塚治虫が死の直前まで続いっていた日記を映画化

手塚治虫といえば、氏が死の直前までつづっていた日記を元に完全オリジナルストーリーとして映画化する『トイレのピエタ』が2015年6月6日より公開となる。

トイレのピエタ

人気ロックバンド・RADWIMPSのボーカル野田洋次郎初主演作としても話題の本作。こちらも手塚治虫マンガ大賞の結果とともに、公開が待ち遠しい作品だ。合わせてチェックしていただきたい。

映画『トイレのピエタ』公式サイト

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 茅ヶ崎の竜さん
    • kamito努
    • 夏目幸明
    • 黒宮丈治
    • 立岡未来
    • よしかわあやの

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo