柳楽優弥・瀬戸康史W主演『合葬』がモントリオール世界映画祭出品

柳楽優弥・瀬戸康史がW主演で2015年9月26日公開予定の映画『合葬』が第39回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に正式出品されることが決定した。同映画祭は賞を競うコンペティション部門のある映画祭としては、カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭に次ぐ北米最大規模の権威ある映画祭。2015年8月27日から9月7日(現地時間)に開催され、小林達夫監督と瀬戸康史が出席予定。

合葬

杉浦日向子原作を実写化

同作は日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した故・杉浦日向子の傑作を実写化したもので幕末の日本を描いている。小林達夫監督がメガホンを取り『天然コケッコー』『カーネーション』を手掛けた渡辺あやが脚本を担当。ほか、岡山天音・門脇麦・桜井美南・井之脇海・高山侑子・藤原令子・隆大介・飴屋法水・峯村リエ・小市慢太郎・りりィ/オダギリジョーらが出演する。2015年9月26日から全国公開予定。

最後の将軍・徳川慶喜に熱い忠誠心をも持ち、自らの意思で将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもないままに彰義隊へ入った柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらも加わらざるをえなかった悌次郎(岡山天音)の、切なく揺れ動く若き青年達の数奇な運命を描いた物語だ。

鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」は幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまったため「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまで語られることが多くなかった。

瀬戸は海外映画祭に初参加

同映画祭はカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭に次ぐ、コンペティション部門のある映画祭で北米最大規模。2015年8月27日から9月7日に開催される。本作からは小林達夫監督と瀬戸康史が出席予定で、瀬戸は海外映画祭に初参加だ。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • よしかわあやの
    • 砂流恵介
    • 宮本和彦
    • ながち
    • 桜井
    • ヒナタカ

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo