又吉直樹『火花』初映像化!Netflixオリジナルドラマで全10話配信

芥川賞を受賞したピース・又吉直樹の『火花』が、2016年春に、映像配信サービス・Netflixにて初映像化作品として配信される。

芥川賞『火花』を全10話でオリジナルドラマ化

売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い強く惹かれ、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌であり、また人間味に富んだ人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。神谷も徳永に心を開き、2人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を歩きまわりさまざまな人間と触れ合うのだったが、やがて2人の歩む道は決定的に異なっていく――

『火花』は、売れない芸人の先輩・後輩の日常と絆を描いた物語。単なる“お笑い芸人の物語”でなく、成功を夢見る若者が、現実と夢の狭間で苦しみながらも、自分らしく生きる様を描く2人の若者の青春ストーリーだ。処女作にして第153回芥川賞を受賞、現在で累計245万部発行という異例の大ヒットとなったお笑い芸人、ピース・又吉直樹の著書が原作で、初の映像化となる本作は、全10話、約450分の長編ドラマとしてNetflixオリジナルで制作される。

花火 又吉直樹

主演は、『闇金ウシジマくん』などの林遣都が務め、小林薫、田口トモロヲ、染谷将太、波岡一喜、菜葉菜、門脇麦などといった若手からベテランまで実力派俳優が集結する。ほかにも、林遣都演じる主人公の相方役に、井下好井・好井まさお、波岡一喜演じる先輩芸人神谷の相方役に、とろサーモン・村田秀亮がキャスティングされるなど、実際の漫才師が演じる芸人役にも注目が集まっている。

さらに、NMB48の山本彩が、まさにこの小説の入口となる“あのシーン”へ出演。山本彩「上京してきて、夢や野望をもって立ち向かっていく人の熱いメッセージみたいなものが込められているかなとも思います。私も自分に重ねて、がんばろうという気持ちにもなったので、是非みなさんにも見て頂いて、自分の目指すものへ取り組んでもらえたらなと思います。」とメッセージを寄せている。

総監督を務めるのは、映画『さよなら歌舞伎町』『ストロボ・エッジ』などを手掛けた廣木隆一監督。原作について「文学的で、洗練された感じ」と表現した廣木隆一監督は、原作の世界観を壊さず、文字の持つ表現や、風景・間・テンポなどの文体の行間をうまく映像で表現したいと語る。

Netflixオリジナル作品『火花』は、2016年春、全10話一挙ストリーミング配信。

Netflix『火花』ウェブサイト
http://hibana-netflix.jp/


(C)2016YD クリエイション

関連リンク

VOD?先行EST?Netflix?今知りたい!横文字だらけの動画サービス
NMB48初のドキュメンタリー映画、予告動画&場面写真が解禁!
異色の人気番組「クレイジージャーニー」DVD発売決定!未公開映像も収録
ティザー動画が公開に―「フルハウス」の続編「フラーハウス」配信日決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 黒宮丈治
    • 夏目幸明
    • ヒナタカ
    • 92aki
    • 岡部照将
    • ゆうせい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo