邦題決定!7年間監禁されていた母子の脱出を描くベストセラー小説の映画化

2016年4月より日本公開となる、トロント国際映画祭観客賞を受賞した話題作『ROOM』の邦題が『ルーム』に決定した。

扉が開くことのない“部屋”が、母と子ふたりだけの全世界だった

ルーム

突然の監禁から7年の時が経ち、母(ブリー・ラーソン)は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人生を取り戻すために、何より”部屋”しか知らない息子に、”本当の世界”をみせるために――

映画『ルーム』は、エマ・ドノギューが2010年に発表したベストセラー小説を原作に『FRANK −フランク−』などで知られるレニー・アブラハムソン監督が映画化する作品。7年もの間、密室に監禁されていた女性が、そこで生まれ育った息子のために脱出を図り、社会へ適応していく姿を描く。前作『ショート・ターム』で米ゴッサム賞主演女優賞を受賞するなど、今注目を集める若手女優のブリー・ラーソンが母役を演じる。

本作は、第73回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ドラマ部門)、主演女優賞〈ブリー・ラーソン〉、脚本賞〈エマ・ドナヒュー〉の主要3部門にもノミネートされるなど世界的に評価されており、1月14日に発表されるアカデミー賞のノミネート発表でも期待の声が上がっている。

映画『ルーム』は2016年4月、TOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開。

(C)ElementPictures/RoomProductionsInc/ChannelFourTelevisionCorporation2015

関連リンク

フォースが覚醒する?!映画『フィフス・ウェイブ』特別予告映像を公開
音楽・坂本龍一!ディカプリオの熱演が光る―映画『レヴェナント』予告動画
多部未華子のキュートな歌声も!映画『あやしい彼女』特報&ポスター解禁
予告映像ついに解禁!ディズニー・アニメーション最新作『ズートピア』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • ながち
    • 井上大輔
    • 中村真実
    • 小峰克彦
    • 木村うい

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo