劇団☆新感線「ゲキ×シネ」、『五右衛門ロック』など人気作5本を特集上映

劇団☆新感線の舞台を最新技術で映像化した「ゲキ×シネ」シリーズの特集上映「ゲキ×シネ☆東劇セレクション 2015冬-2016初春」が、12月12日から東京・東銀座の東劇で開催される。

01
(C)2009 ヴィレッヂ/劇団☆新感線

のうえひでのりが主宰する劇団☆新感線は、看板俳優の古田新太をはじめ、橋本じゅん、高田聖子らベテランの超個性派俳優陣が集い、今年旗揚げ35周年を迎える人気劇団。その劇団☆新感線の人気舞台を最新のデジタルシネマ技術で収録・映像化し上映する「ゲキ×シネ」は、2004 年『髑髏城の七人~アカドクロ』から2015年『蒼の乱』まで、公開作品は計14作品、累計動員は60万人を超える人気コンテンツだ。

今回の特集上映は年末に上映される第1弾と、来年1月から上映される第2弾から構成。第1弾では『五右衛門ロック』シリーズと呼ばれる『五右衛門ロック』(2015年12月12日公開)『薔薇とサムライ』(2015年12月19日公開)『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』(2015年12月26日公開)の3作品、第2弾ではいのうえひでのりが歌舞伎に挑む「いのうえ歌舞伎」シリーズから『髑髏城の七人~アカドクロ』、宮藤官九郎が脚本を手掛けた『蜉蝣峠』(ともに2016年1月23日公開)の2作品を上映する。

チケットが取りづらいと言われる劇団☆新感線の舞台を、役者の息使い、細かな表情が間近ではっきり堪能できる映画館にて堪能しよう。

02
(C)2011 ヴィレッヂ/劇団☆新感線

03
(C)2014 ヴィレッヂ/劇団☆新感線

04
(C)2004 ヴィレッヂ/劇団☆新感線

05
(C)2010 ヴィレッヂ/劇団☆新感線

関連記事

劇団☆新感線”ゲキ×シネ”最新作『蒼の乱』予告動画公開。天海・松ケンら
伊藤英明が主演に決定!三池崇史監督・映画『テラフォーマーズ』
大泉洋「僕の腕を握って…」映画『駆込み女と駆出し男』プレミアム試写会舞台挨拶
中谷美紀が壇上でチューを要求!オダギリジョーが真っ赤になった『FOUJITA』舞台挨拶

    ライタープロフィール

    奥野 大児

    奥野 大児

    現代ものやSFなどの映画はあまりわからないけれど、時代劇と海外ドラマはなぜか見ている1971年生まれのフリーライター・ブロガー。とりわけ必殺シリーズおよび「鬼平犯科帳」「御家人斬九郎」の ・悪人が悪人を裁く ・良い人も悪いことをすることがある ・松平家の御紋が通用しない といった設定が大好き。 映画の時代劇の映像の暗さを楽しむために、部屋を真っ暗にして堪能している。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    言語を選択

    私と映画Vol.7 メニコン 田中英成社長
    金曜映画ナビ
    八雲ふみねの What a Fantastics!~映画にまつわるアレコレ~
    能條愛未の「乃木坂週刊映画」
    スペシャル 写真家『早田雄二』が撮影した銀幕の女神たち
    antenna

    人気記事ランキング

    シネマズ公式ライター

    • 星井 七億
    • 黒宮丈治
    • カツセマサヒコ
    • 砂流恵介
    • 立岡未来

    シネマズ公式チャンネル

    教えて goo

    情報提供元:教えて goo