あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

D-BOYS・山田裕貴が憧れの高岡奏輔とのエピソードも語った『闇金ドッグス』初日舞台挨拶

闇金ドッグス 初日舞台挨拶

(左から、土屋哲彦監督、冨手麻妙、高岡奏輔、山田裕貴、津田寛治、青木玄徳)

2015年8月1日(土)、新宿武蔵野館で映画『闇金ドッグス』の公開初日舞台挨拶が行われました。

今作はヤンキーアクション映画『ガチバン』シリーズのスピンオフ作品で、ヤクザの安藤忠臣(山田裕貴)に焦点を当て、闇金をテーマにした映画です。

組長になったもののヤクザから足を洗い、すべてを失ったことをきっかけに闇金の世界に足を踏み入れた安藤。安藤の前には、地下アイドルやオタクのニート青年、悪徳社長などそれぞれの欲望を持った人間が現れ、金と暴力にまみれた闇金の世界で生きる安藤の生き様が描かれます。

主演の山田裕貴さんは「安藤を演じるのは3作目。ヤクザの下っ端から若頭になり、若くして組長にまでなったけど『え?組長やめちゃうの?』っていうところから始まる映画です。僕は明るい役を演じることが多かったけど、安藤はちょっと悪くてトーンが暗い役で、そういう役の方がしっくりくるようになってきた気がします。芝居の幅を広げてくれた役なので、また演じられることがうれしいです」と安藤を演じた感想を交えて作品を紹介。

闇金ドッグス 初日舞台挨拶 津田寛治


芸能プロダクションの悪徳社長・沢村を演じる津田寛治さんは「楽しくすっきり見られる映画ではないですが、どろどろした痛々しいだけの映画ではないと思っています。役者陣が熱い芝居で頑張っているので、しっかりと網膜に焼き付けて欲しいです」とアピールしました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 緊張で手が震える…

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録