あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

ピーター・パン誕生の謎を解き明かす 快作『PAN ネバーランド、夢のはじまり』

SHARE

■「キネマニア共和国」

ピーターパンといえば、ネバーランドに住む永遠の少年として映画などでおなじみの存在ですが、では、彼はどのようにして誕生したのでしょう……。

《キネマニア共和国 レインボー通りの映画街 vol.47》

映画『PAN ネバーランド、夢の始まり』で、その謎が解き明かされます!
PAN_JPN_Payoff_0824fix_ol

これまでに登場した
ピーター・パンの映画化作品たち


もともとピーター・パンはイギリスの作家ジェームズ・マシュー・バリーの小説『小さな白い鳥』の中に登場したキャラクターで、1904年には彼を主人公にした戯曲『ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年』が公演され、06年には『ケンジントン公園のピーターパン』、11年に『ピーターパンとウェンディ』としてとしてそれぞれ小説化されています。

初めて映画化されたのは24年のサイレント映画『ピーター・パン』ですが、やはり何といっても有名なのは53年のディズニー・アニメーション映画『ピーター・パン』でしょう。後にディズニーは前作のヒロイン少女ウェンディーが大人になり、その子どもたちとピーター・パンが邂逅する続編『ピーターパン2 ネバーランドの秘密』(02)も制作しています。

スティーヴン・スピルバーグ監督は、大人になってしまったピーター・パンを描いた『フック』(91)を発表していますが、子どもの心を持った大人といえば聞こえは良いけど、要は大人になりきれていないだけではないかという“ピーター・パン・シンドローム”“ウェンディ・ジレンマ”といった言葉が、80年代から世を賑わせていたものでした。
PAN

2003年には、最新技術を駆使して実写版『ピーター・パン』が制作、その翌年にはジョニー・デップが原作者バリーに扮し、ピーター・パンのモデルになった少年との交流を描く創作秘話『ネバーランド』(04)が作られています。

こうした流れの中、ではピーター・パンそのものはどのようにして誕生したのか、本作『PAN ネバーランド、夢のはじまり』では、原作に著述されている短いセンテンスなどから創作の翼を広げながら、自由な発想でピーター・パン誕生のエピソードを構築することに見事に成功しています。
IMG_2318.DNG


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > オリジナルの枠から飛躍した設定やキャラクターの楽しさ

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録