あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-01-08

ニュース

わずかな記憶と、Google Earthで“我が家”を探す旅『LION/ライオン』

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の日本公開が2017年4月に決定した。

失われた25年を取り戻す旅
『LION/ライオン ~25年目のただいま~』


LION/ライオン ~25年目のただいま~ メイン


オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー(デヴ・パテル)。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――

LION/ライオン ~25年目のただいま~ ポスター


映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探すという実話を映画化する作品。

主人公の青年サルーをデヴ・パテルが演じるほか、彼の恋人ルーシーをルーニー・マーラ、彼の育ての母をニコール・キッドマンらが演じる。製作は『英国王のスピーチ』のイアン・カニング、メガホンをとるのはガース・デイヴィス監督。

トロント国際映画祭2016では最高賞にあたる観客賞次点1位の高評価を獲得、第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、助演男優賞、助演女優賞、作曲賞の計4部門にノミネートされるなど、世界的にも注目を集めている。

映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は、2017年4月7日(金)より、TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー。



(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録