あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

橋本マナミ、キム・ソンス監督と共に野獣面(やじゅめん)の魅力を語る!:『アシュラ』来日イベント



はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

八雲ふみねです。





イベント終了後、キム・ソンス監督とツーショット!

とても優しくて、チャーミングな方でした。

…ということで。


八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.92


今回は。

『アシュラ』キム・ソンス監督来日記念イベントの模様をお届けします。






刑事のハン・ドギョンは末期がんの妻の治療費を稼ぐため、利権と成功のために各所で犯罪に手を染めるパク・ソンベ市長の悪事の後始末を請け負っていた。
しかし、パク市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようと目論む検事たちに脅迫されたことで、ドギョンは窮地に追い込まれることに…。

韓国の架空の都市“アンナム市”を舞台に繰り広げられる、クライムアクション。
手がけたのは、『武士 MUSA』のキム・ソンス監督。
ソンス監督とは4度目のタッグとなるチョン・ウソンが主演を務め、ファン・ジョンミン、チュ・ジフン、クァク・ドウォン、チョン・マンシクら韓国の実力派キャストが集結。
救いようのない悪人たちが生き残りをかけて“地獄絵図”のような戦いを展開していきます。

先日、キム・ソンス監督が来日。
その記念イベントで八雲ふみねが司会を務め、知られざる撮影の裏話などたっぷり伺いました。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > バイオレンスアクションを手がける監督の素顔って…?!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録