あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-01-28

ニュース

高杉真宙、第二の侵略者に!黒沢清監督、長澤まさみ主演『散歩する侵略者』

劇団イキウメの同名人気舞台を映画化する作品『散歩する侵略者』に、高杉真宙が出演することが明らかとなった。

映画『散歩する侵略者』高杉真宙の出演が決定


数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは――




映画『散歩する侵略者』は、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの同名人気舞台を、舞台のアイデアに感銘を受けたという黒沢清監督が長年の構想を経てサスペンス、アクション、コメディ、ラブストーリーといった要素を重奏的に描く作品。

主人公・加瀬鳴海役を長澤まさみが演じるほか、鳴海の夫・真治を松田龍平、侵略者と行動するようになるジャーナリスト役を長谷川博己と、日本映画を代表する豪華キャストが揃う。

このたび本作に、高杉真宙が出演することが明らかとなった。

散歩する侵略者 高杉真宙


高杉真宙が演じるのは、長谷川博己演じるジャーナリスト、桜井が一家惨殺事件の取材先で出会う謎の若者・天野役。松田龍平演じる「侵略者」に乗っ取られた男・真治の仲間である、第二の「侵略者」という複雑なキャラクター、かつストーリーを動かすキーパーソンとなるという。

なお、今回の発表にあわせて高杉真宙、黒沢清監督からのコメントがシネマズに到着している。

高杉真宙/天野役


この作品に出演できると決まったときは、黒沢監督とご一緒できる事、また長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さんと演技者として尊敬する先輩の方々とご一緒できる…と、本当に嬉しかったです。僕が演じるのは侵略者の天野です。長谷川さん演じるジャーナリストの桜井と共に行動します。天野は「侵略者」ですが、見た目は僕のまま…普通の人間なので、どうしたらそれが観る方に伝わるのか、どこまで伝えるべきなのか…というのが難しかったです。現場に入って監督とお話ししながら天野は作っていきました。意外と人間らしいと言いますか、信念もあり、演じていて惹かれていくキャラクターでした。現場で一番ご一緒したのが長谷川さんです。長谷川さんはひたすらカッコいい方。大人の落ち着きがあって、おしゃれで…。

僕はまだ映画にそこまで詳しくないので「長谷川さんに教えて頂きたいなぁ」と思ってお聞きしたら、お薦めの作品をたくさん教えてくださいました。とてもわかりやすく教えて頂き、自分もいろいろな経験を積んで、長谷川さんのように周囲の人に教えてあげられるような男性になりたいなと憧れますね。「散歩する侵略者」は、SFのようなタイトルですが、家族とは何か?愛とは何か?言葉ではわかっているつもりでいても、実は言い表せないものについて深く考えさせられる作品だと思います。ユーモアもあって、思わずクスッと笑ってしまうシーンもあります。たくさんの皆さんにご覧頂き、ぜひこの不思議な世界に入り込んで頂きたいと思います!

黒沢清監督


ほれぼれする美しい顔だちとスリムな体型をしてらっしゃるのですが、それに似合わず、正真正銘の演技派俳優なので驚きました。現場ではいつも泥臭いほど真剣に、この難しい役どころに取り組んでいて頼もしかったです。




映画『散歩する侵略者』は2017年9月、全国ロードショー。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録