あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2017-05-03

ニュース

5年の歳月をかけて撮影された動物たちの姿『生きとし生けるもの』予告映像

旭山動物園のポスターを手がけきたカメラマン・今津秀邦監督により、5年の歳月をかけて撮影されたネイチャー・ドキュメンタリー映画『生きとし生けるもの』の予告映像が解禁となった。

映画『生きとし生けるもの』予告映像


生きとし生けるもの


映画『生きとし生けるもの』は、北海道を舞台に、さまざまな生き物による世界を描くネイチャー・ドキュメンタリー作品。一斉にねぐらを飛び立つ8万羽のマガンの群れ、冬支度を進めるエゾナキウサギ、エゾヒグマが待ち構える川を遡上するシロザケなど、長年旭山動物園のポスターを手がけるカメラマン・今津秀邦監督によって、5年の歳月をかけて撮影されたという。

本作の「解説を聞いて映像で確認するのではなく、発見する楽しさを知って欲しい。」というコンセプトから、本編内のナレーションは、わずか2か所。このナレーションを津川雅彦が担当する。監修は、元旭山動物園の園長・小菅正夫。

生きとし生けるもの サブ4


このたび解禁となった本作の予告映像には、津川雅彦のナレーションとともに、一斉にねぐらを飛び立つ8万羽のマガンの群れ、冬支度を進めるエゾナキウサギ、エゾヒグマが待ち構える川を遡上するシロザケなど、動物たちの個性あふれる表情が収められている。

生きとし生けるもの サブ1


映画『生きとし生けるもの』は、2017年6月3日(土)より角川シネマ新宿、ユナイテッドシネマ札幌、シネプレックス旭川他にて全国順次公開予定。



(C) ONE DREAM PICTURES

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録